フランソワ・オゾン François Ozon監督の新作映画 Grâce à Dieu

2月21日に、フランソワ・オゾン監督の新作映画 ” Grâce à Dieu”が封切られます。教会内で行われた児童への性的虐待を描いた問題作です。
https://www.youtube.com/watch?v=aN8qu3rSR38

18日の”Quotidien”には、主演俳優二人と、彼等が演じた被害者の二人が出ていました。https://www.tf1.fr/tmc/quotidien-avec-yann-barthes/videos/invites-melvil-poupaud-swann-arlaud-alexandre-dussot-hezez-pierre-emmanuel-germain-thill-gra-a-dieu-de-francois-ozon.html

オゾンらしくとても重い映画ですが、Bande-annonceを見る限り、ぜひ映画館に足を運びたい作品です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中