天空の城ラピュタ 生命の根源への旅

パズーとシータ

パズーは何の特色もない、ただの少年にすぎない。父は死に、母についての言及はなく、鉱山で働く孤児として描かれている。

そんな彼が、空から舞い降りてくるシータを腕にした時から、ラピュタへと続く大冒険が始まる。

パズーをラピュタ探索へと向かわせる最初の理由は、父親が撮影したラピュタの写真だ。父はラピュタの存在を信じない人たちから嘘つき呼ばわりされた。パズーは父の言葉が真実であることを証明するため、ラピュタを見つけようとしていたのだった。別の見方をすると、不在の父が彼をラピュタに向かわせるということになる。

「君をのせて」には、「父さんが残した 熱い想い」という歌詞がある。パズーは、その熱い想いを父から受け継いでいる。

その一方で、母親についての言及が何もないのは不思議な感じがする。しかし、映画の中に母親の存在がないわけではない。最初は敵だった海賊の女首領ドーラが、途中から母親のような存在になる。

興味深いことに、宮崎監督の弟はあるインタヴューの中で、ドーラは彼等の母親のイメージだと証言している。監督自身、そのことは強く意識していたに違いない。

ドーラは活力に満ち、3人の息子たちに対して支配的。しかし、その行動のベースには慈愛が感じられ、いかにも肝っ玉母さんという様子をしている。
彼女がパズーの母親的な存在になるのは、パズーがシータから告げられた言葉をきっかけにしている。
ムスカに捕まったシータは、心を鬼にして、ラピュタ探索は彼女と軍が協力してやっていくとパズーに言う。パズーを救うために、彼を渓谷の家に帰らせたのだった。

シータの言葉を信じたパズーが哀しみにくれながら家に戻ると、ドーラ一味に捕まってしまう。

そこでドーラはパズーの話を聞き、シータの言葉が本心ではないことを教え、少年の胸に熱い想いを復活させる。
そのシーンの後からは、パズーに対する彼女のまなざしが母的なものになっている。

「君をのせて」では、「母さんがくれた あのまなざし」と歌われているまなざしは、ドーラのまなざしでもある。

シータはパズーにとってどんな存在なのだろうか。

ドーラの息子たちにとっては憧れの的であり、彼女の働く海賊船タイガーモスの台所にみんなが殺到する様子が、コミックに描かれている。


パズーも、シータが空から降りてきたとき天使かと思ったと言い、愛の告白をしているにも感じられる。
実際、見張り台の中で抱き合う場面は、小さな恋人たちのようでもある。

ラピュタに到着した後、二人が肩を寄せて寝転ぶシーンを、男女の恋愛の姿と解釈させする人々もいたりする。


しかし、映画の最初の対象は小学4年生であり、宮崎監督は、パズーがシータに向ける愛を性愛的なものではなく、子どもの男女の友愛として描いている。大人の目から見ると恋愛と見える関係も、男と女ではなく、人と人との「心のふれあい、相手への献身、友情」の表現なのである。

二人の関係は家族の一員のようでもある。若い頃のドーラの肖像画がシータに似ているのは、シータが将来ドーラのようになるという予告だろう。

海賊船タイガーモスの見張り台で二人が会話しているとき、ドーラがこっそりと電話を通して聞いている。この場面は、母と息子と恋人の三角関係のように見えるかもしれない。しかし、別の見方をすれば、未来のシータ(ドーラ)が今のシータの言葉を聞いていると考えることもできる。
シータがいつかドーラのようになるかもしれないというユーモアのこもった類似は、家族としての愛、同じ目的に向かう同志としての友愛を暗示しているのではないだろうか。
とりわけ、ドーラには、監督のお母さんのイメージが色濃く投影されているというのだから、シータに対するパズーの気持ちも、家族愛という側面が強いといえる。

「地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて」。
この「君をのせて」の歌詞で、パズーとシータは「ぼくら」という一つの言葉の中に溶けこんでいる。ぼくら二人は一緒に地球に乗り、同じ方向を見る友だちなのだ。
サン・テグジュペリの『星の王子様』では、キツネが王子様に、人と人との繋がりや、時間をかけて作り上げる信頼関係の大切さを教えてくれる。パズーとシータの間にもそうした関係が出来上がり、二人を成長させた考えることもできる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中