オルフェウスとイザナキ 妻を求めて地獄に下る二人の夫

神話の枠組み

イザナキ ー 創造神話

『古事記』の冒頭、天と地が別れ、次々と神が成る。最初に3神、次に5神、次いで7神が成った。その最後の神が、イザナキとイザナミの兄妹神だった。

この二人は、まだ漂っている状態の国土を固めて島とし、そこに下りたって、数々の島を作り、神を生み出していった。

世界の成り立ちに関して、三つの型が指摘されている。
1)「つくる」。人格的な創造者が一定の目的で世界と万物を作る。
2)「うむ」。 生殖行為によって産む。
3)「なる」。 世界に内在する神秘的な霊力の作用で具現化する。

https://bohemegalante.com/2019/02/26/genese-de-la-beaute-japonaise/5/

『古事記』では、イザナキ・イザナミ以前が「なる」型であるのに対して、彼等以降、男女の交わりから創造が行われる「うむ」型になる。
実際、生殖についてはあえて強調される会話が二人の間に交わされる。男神が「おまえの身体はどのようにできているのか」と問い、女神は「私の身体はだんだん成り整っているが、成り合わない所が一カ所ある」と応える。そこでイザナキは、「自分の身体には成り余った所が一カ所ある。それで、私の身体の成り余っている所を、おまえの身体の成り合わない所にさしふさいで、国土を生み出そう」と提案する。
このあからさまな会話は、創造が生殖行為による「うむ」型であることを強調するものである。

そのことを強調するかのように、男女の役割の明確化が一つの挿話にエピソードによって示されている。
彼等は最初におのごろ島に下り、天の御柱とお屋敷を建てていた。
イザナギは生殖行為として、その柱の回りを回りって「みとのまぐはひせむ」と誘い、イザナミは右から回り、自分は左から回って会おうと付け加える。その約束の後、最初にイザナミが口を開き、「なんという素晴らしい男性だこと。」と言い、男神が「なんという素晴らしい女性だろう。」と続ける。
この前後関係が正しいものではなかったために、産まれた子どもは水蛭子(ひるこ)であり、葦の船に乗せて流してしまう。次の淡島(あわしま)を産むが、その子も誕生した子どもの数には入れられなかった。

この挿話には中国の夫唱婦随の思想が反映しているという説もあるが、ヨーロッパとの比較で興味深いのは、男性が左に回るという点である。ヨーロッパ的な二元論思考の中では、男性は太陽、光、上、右と同列になり、女性は月、闇、下、左に分類される。それに対して、古事記神話において、男性が左に、女性が右に回る点は、日本文化の一つの型を知る上で大変に興味深い。

しかし、その点については別の機会に検討するとして、ここでは、イザナキ、イザナミの創造(国産み、神産み)は「うむ」型であることが、男女の違いを際立たせることで、さらに強調されていることを指摘しておきたい。

オルフェウス ー 起源神話

オルフェウスの神話は様々な側面を持っているために一言で定義するのが難しい。ここでは、オルフェウス教という宗教集団の起源を語る物語と捉えることにする。

オルフェウス教の教義では、霊魂の不滅を説き、肉体は輪廻転生の運命を追わされているとする。その運命から解脱するには、秘儀的な通過儀礼(イニシエーション)の試練を経ることが必要になる。
こうした教義の根本には、肉体=現実、霊魂=天上を区別する二元論がある。

オルフェウスの父は、トラキアの王オイアグロスとされるが、アポロンが後ろ盾になっている。母は、叙事詩と雄弁のミューズであるカリオペー。

オルフェウス自身、竪琴(リラ)の名手として名高い。彼が竪琴を弾くと、動物だけではなく、木々や岩までも集まり、耳を傾けたといわれている。

Nicolas Poussin, Paysage avec Orphee et Euridice (部分)

オルフェウスは修行時代エジプトに赴き、そこで古代エジプトの秘儀的宗教を学んだ。その儀礼は死と再生に基づき、新参者は死者の世界に下り、厳しい試練を経なければならない。そして、その試練に成功した者だけが、神の姿に接し、元の世界に戻ることが許される。

オルフェウスの地獄下りは、その試練を象徴している。彼は妻のエウリディーチェを連れ戻すことには失敗するが、しかし彼は地獄から地上へと戻ることができる。

その後、オルフェウスは、妻を失ったことに心が慰められないまま、他の女たちに関心を示さなかった。
酒の神ディオニソス(バッカス)に使える女達(マイナス)は、オルフェウスの無関心な態度に腹を立て、トラキアの地で彼を八つ裂きにする。そして、彼の首を竪琴と一緒にヘブロス川に流してしまう。

オルフェウスの首はレスボス島に流れ着き、その地に葬られた。

Gustave Moreau, Jeune fille thrace portrait la tête d’Orphée

竪琴(リラ)は天上に昇り、琴座(constellation de la Lyre)になったという伝説も残されている

このように、オルフェウスの神話は、教団の始祖の生涯を通して、その宗派の起源を語る物語と考えることができる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中