フランス語の詩を読むために

2)韻文の形式

(1)音節数

詩の一行の音節は、基本的には、12音節、それ以外に10音節、8音節など、同じ音節数の詩句が反復される。

一音は、一つの母音母音だけか、あるいは一つの母音の前後に子音を伴って形成される。(詩行の最後のeはカウントされない。)

Le /de/ssein/ en/ est/ pris //: je/ pars/, cher/ Thé/ra/mè/ne,
1   2  3     4   5   6    // 7   8    9    10 11 12(neは読まない)
                         (Racine, Phèdre)

(2)韻

A. 韻とは、詩行の最後で、同じ音の母音を反復すること。

B. 男性韻/女性韻

男性韻 — 無音の「e」で終わらない韻
女性韻 — 最後の音節が無音の「e」で終わる韻

古典的な詩法に従って作られたフランス語詩では、男性韻と女性韻は交互に用いることが原則とされていた。

C. 韻の連続の仕方

リム・プラット(Rimes plates) 平韻:
同じ音が連続する。AA

Que dis-je ? Il n’est point mort, puisqu’il respire en vous ;  A (m.) 男性韻
Toujours devant mes yeux je crois voir mon époux :        A (m.)
Je le vois, je lui parle ; et mon cœur … je m’égare,         B  (f.) 女性韻
Seigneur, ma folle ardeur malgré moi se déclare.           B (f.) 
                        (Racine, Phèdre)

リム・クロワゼ(Rimes croisées)交差韻:
二種類の韻を一行おきに交差させる。ABAB

Maître Corbeau, sur un arbre perché,  A (m.)
Tenait en son bec un fromage.           B (f.)
Maître Renard, par l’odeur alléché,    A  (m.)
Lui tint à peu près ce langage :        B  (f.)
              (La Fontaine, « Le Corbeau et le Renard »)

リム・アンブレッセ(Rimes embrassées)抱擁韻:
一つの韻の間に別の韻を割り込ませる。ABBA

Le monde est plein de gens qui ne sont pas plus sages :  A (f.)
Tout Bourgeois veut bâtir comme les grands Seigneurs,   B (m.)
Tout petit Prince a des Ambassadeurs,               B  (m.)
Tout Marquis veut avoir des Pages.                 A  (f.)
             (La Fontaine, « La Grenouille qui se veut faire aussi grosse que le bœuf  »)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中