ネルヴァルの名刺(裏面) 「アルテミス」  Gérard de Nerval « Artémis »

二人の詩人の訳

中原中也訳

十三番が甦る……するとまたそれが一番だ、
してそれは何時も唯一つ、又は唯一つの機会だ。
されば汝は! 太初の女王か終末の女王?
王か? 汝唯一人のそれとも最後の、情人か?……

愛せよ揺籃より柩にまで汝を愛せし者を愛せよ、
わが愛したる者のみ独り、今も猶我をば愛す。
それぞ死よ ― はたは死人よ……やさしくるおし!
持ちたりしそが手の花はたち葵。

火に充ちし手のナポリの聖女、
心菫に泣ける薔薇、聖ギジルが花、
汝は見しや天の砂漠に汝が十字架?

白薔薇よ、落ちよ! 汝わが神々を涜す。
落ちよ、白き霊体、燃ゆる汝が空より落ちよ、
―地極の聖女はわが目にはいと聖なれば!

入沢康夫訳

「十三番目の女」が帰ってくる…また最初の女だ、
いつも唯一の女、-同じつかの間だ、
おお女王よ! 最初の女か最後の女か?
王よ、唯一の恋人、または最後の?

揺りかごから棺の中まで愛してくれた女を愛せよ。
私独りが愛した女は今だ私を優しく愛する、
その女は「死」- あるいは死の女…おお歓びよ! 苦しみよ!
その女の手にする薔薇は「喪の薔薇」だ。

火にみちた手をしたナポリの聖女よ、
紫色の芯もつ薔薇、聖女ギュデルの花よ、
天の砂漠にきみの十字架は見つかったか?

白薔薇たちよ、落ちよ! 汝らは我々の神々を侮辱する!
落ちろ、白い亡霊たち、燃える汝らの空から、
-深淵の聖女は、私の目にはさらに聖女だ!

ネルヴァルの名刺(裏面) 「アルテミス」  Gérard de Nerval « Artémis »」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中