ヴェルレーヌ「詩法」 Verlaine « Art poétique » 何よりも先に音楽を La musique avant toute chose

第五詩節から第7詩節では、内容と形式において、避けなければならないものが示される。

第五詩節はランボーへの思いだろうか。

Fuis du plus loin la Pointe assassine,
L’Esprit cruel et le Rire impur,
Qui font pleurer les yeux de l’Azur,
Et tout cet ail de basse cuisine !

できる限り遠くに逃れよ。人を傷つける尖った言葉から、
残酷な精神から、不純な笑いから。
それらは、「紺碧」の目を涙ぐませる。
逃れよ、不誠実な行為のニンニク全てから。

紺碧(l’Azur)は、詩の象徴である。その目から涙を流させるものとして、人を殺してしまうほど激しい皮肉、残酷さ、不純な笑いが列挙される。
読み込みすぎかもしれないが、こうした言葉からは、この詩句を書いたときに一緒にいたアルチュール・ランボーに対する思いが込められているようにも感じられる。
ランボーの詩はときに激しい攻撃性に溢れ、ヴェルレーヌを涙させたかもしれない。『地獄の季節』の「地獄の夫」のひどい仕打ちは、妻役のヴェルレーヌを殺す(assassiner)に十分なほどだっただろう。

ヴェルレーヌは、そうした行為をbasse couisine(不誠実な行為)という言葉で表し、そのニンニクから逃れよと言う。

第六詩節と第七詩節で問題となるのは、韻文詩の中心を占める韻である。

Prends l’éloquence et tords-lui son cou !
Tu feras bien, en train d’énergie,
De rendre un peu la Rime assagie.
Si l’on n’y veille, elle ira jusqu’où ?

Ô qui dira les torts de la Rime ?
Quel enfant sourd ou quel nègre fou
Nous a forgé ce bijou d’un sou
Qui sonne creux et faux sous la lime ?

雄弁術を取り上げ、首をひねれ!
エネルギーに満ちあふれ、為すべきは、
「韻」を少しだけでも大人しくさせること。
見張らっていないと、どこまで行ってしまうやら。

おお、誰が韻の欠点を言いつのるのか。
耳の聞こえないどんな子どもが、どんな気のおかしい奴が、
我々に、安っぽい宝石を拵えたのか。
彫琢のヤスリをかけるとき、空っぽで、調子外れの音がする宝石を。

雄弁と言われるのは、叙事詩のことだろう。叙事詩は雄弁に神話や歴史を語り、何百行、何千行に及ぶ。
それに対して、ボードレールは、詩とは短いものでなければならいと言い放った。ヴィクトル・ユゴーの『諸世紀の伝説』のようなモニュメントではなく、一気に読み終われる長さの作品。
ヴェルレーヌは、ボードレールに従った。

次に、7行に渡り、韻への批判が加えられる。
フランス詩の基本は、音節の数と韻であり、テオドール・バンヴィルが1870年に出版した『フランス小詩法』Le petit traité de versificationでも、韻の重要性が論じられていた。

韻文詩である限り、韻を踏む必要はある。
しかし、韻を強調しすぎると、詩句が硬直化して、音楽性が失われる。こうした考えを、1850年頃、ジェラール・ド・ネルヴァルは提出していた。

ヴェルレーヌは、韻をでっちあげた子どもについて、耳が聞こえないという形容をしている。韻は音と無関係であり、音楽性に反すると言いたいのだろう。だからこそ、気が変な奴という言葉が続く。
そんな人間たちが作るのは、安っぽい宝石にすぎない。
その宝石を彫琢しても、虚ろで調子外れの音しか響かない。

ヴェルレーヌは韻の代わりに何が必要か記していないが、ネルヴァルは母音反復(assonance)を、詩句の音楽性の鍵とみなした。
それ以外にも、子音反復(alitération)、冒頭の言葉の反復(anaphore)など、詩句を音楽的にする方法が考えられる。
https://bohemegalante.com/2019/05/25/lecture-poeme-francais/3/

ヴェルレーヌ「詩法」 Verlaine « Art poétique » 何よりも先に音楽を La musique avant toute chose」への4件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中