フロベール 『ボヴァリー夫人』冒頭 その3 Flaubert, Madame Bovary, incipit, 3/3

『ボヴァリー夫人』の冒頭の一節を分析することで、リアリズムの小説とはどのようなものか知ることができる。
1)小市民の日常生活を、登場人物の視点から描く。
2)描かれた世界が、同時代の現実をフィクションとして描き出す。

それと同時に、文学作品が現実を再現する表象芸術の時代から、言葉そのものに価値が置かれる新しい時代を予告していることも理解することができる。
帽子の描写やシャルボヴァリのエピソードがその手引きとなる。

フロベールの文をしっかりと読んで後で、フランス語の解説を聞くと、文学テクストの分析(analyse de texte)や注釈(commentaire de texte)により興味が持てるかもしれない。
以下の解説は、フランス語の字幕が付いているので、フランス語を母語としない人には最適なものになっている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中