中原中也 「夜更の雨」 ヴェルレーヌの影を追って

中原中也の「夜更の雨」。
ヴェルレーヌの面影に寄せたエピグラフが付けられ、ヴェルレーヌが都市の中を放浪する姿が描かれている。

第一連は、掘口大學の訳でよく知られた、「巷に雨の降る如く」を参照している。
https://bohemegalante.com/2019/07/26/verlaine-ariettes-oubliees-iii/

夜更の雨
          ――ヱ゛ルレーヌの面影――

雨は 今宵も 昔 ながらに、
  昔 ながらの 唄を うたつてる。
だらだら だらだら しつこい 程だ。
  と、見るヱ゛ル氏の あの図体(づうたい)が、
倉庫の 間の 路次を ゆくのだ。

中也は、ヴェルレーヌの雨を、二つの方向に発展させる。

一つは、都市における放浪。
ボードレールを初めとして、19世紀フランスの詩人達は、都市を描き、その中を彷徨い歩く姿を詩のテーマとした。
ヴェルレーヌもランボーの、そうした詩人たちの仲間。

都市における放浪者のイメージは、小林秀雄や中原中也、富永太郎といった日本の詩人の中でも大流行し、彼等は東京の町中を歩き回った。
1926年に死んだ富永太郎の追悼文の中で、小林秀雄は次のように書いている。

「おい、此処を曲らう。こんな処で血を吐いちや馬鹿々々しいからな」—-僕は流竄(りうざん)の天使の足どりを眼に浮べて泣く。彼は、洵に、この不幸なる世紀に於いて、卑陋なる現代の日本の生んだ唯一の詩人であつた。

http://yarimizu.blue.coocan.jp/ktominagataro1926.html

「ここを曲がろう」という言葉は、町の中を目的もなく歩き回ることを前提にしている。
中也も、ランボーやヴェルレーヌの後をたどり、小林や冨永たちと共に放浪する詩人として自分を思い描く。

ヴェルレーヌから引き継いだもう一つの点は、音楽性。中也はそれを唄と言う。実際、中也の詩句は歌うようだ。
彼の唄は、語句の反復が生み出すリズム感によるところが大きい。
彼は詩句を反復しながら、微かに変化を加える。

昔 ながらに/昔 ながらの 
唄(うた)を/うたつて
だらだら/だらだら 
と、見るヱ゛ル氏「」/倉庫の間「」 :「の」の反復(7/8音の変化)
ほど「」/ゆくの「」  :「だ」の反復(3/4音の変化)

「だらだら」というオノマトペは、中也がヴェルレーヌの雨に感じた感覚なのかもしれない。いつまでも雨が降っている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中