マラルメ YXのソネ 「純粋なその爪が・・・」  Mallarmé, Sonnet en YX  « Ses purs ongles … » マラルメの詩法(1/2)

Mais proche la croisée au nord vacante, un or
Agonise selon peut-être le décor
Des licornes ruant du feu contre une nixe,

Elle, défunte nue en le miroir, encor
Que, dans l’oubli fermé par le cadre, se fixe
De scintillations sitôt le septuor.

しかし、近く、北向きの窓は空。黄金が一つ、
消えかけている、たぶん、あの枠飾りのように、
一角獣たちが、一人の水の精に炎を投げつけている。

彼女は、鏡の中の、裸の死女。他方、
額縁に閉込められた忘却の中では、凝固する、
光の輝きが素早く形作る七重奏が。

ここでサロンの空を引き継ぐのは、北向きの窓。それが空(vacant)の状態にある。

では、近くにある北向きの窓が空であるとしたら、南を向いた遠くの窓は充満した状態にあるのだろうか。
そうした対比を考えると、次のような想定が可能になる。

一方にはイデア界があり、ギリシア彫刻のような美の理想がすでに実現している。アポロン的美の世界は、太陽の光で燦々と輝く。
その反対は、虚無、空の状態。黄金が消え去ろうとしている。一角獣たちが水の精に欲望の炎を投げつける映像は、ディオニソス的世界を思わせる。

ただし、黄金が消え去ろうとする光景と、一角獣たちが水の精に火を投げかける光景のつながりは明白ではない。
ここで詩人は、文法を無視した言葉の使い方をし、selon(・・・に従って)とle décor(窓飾り)の間にpeut-être(たぶん)という言葉を挟み込む。(selon peut-être le cadre).
この「たぶん」は、今宵の夜中(ce minuit)やこのただ一つの物(ce seul objet)のこの(ce)と同じように、詩句の中に詩人を現前させ、彼の声を直接伝える役割を果たしると考えていいだろう。
つまり、一角獣が投げかける炎と消え去る黄金の関係は、詩人自身にとっても、「たぶん」でしかない、ということになる。

他方、炎を投げかけられた水の精は、裸、つまり服がなく、死、つまり生が欠けた状態で、鏡に映る。
視点を変えれば、映像には実態がなく、虚無の存在である。

Jan van Eyck, Portrait dit “des époux Arnolfini, détail

この時、鏡は現実と虚像の対立を作り出すものではなく、合わせ鏡の中の像のように、全てが映像であり、自分自身を無限に反復して映し出していると考えた方がいいだろう。
そして、それこそ、マラルメの考える詩のイメージに他ならない。

詩句の意味は自己を参照することであり、詩の外部の世界を参照することはない。
その自己参照性を、68年のカザリス宛の手紙では、「無であるソネ、至るところでお互いを相互に映し出すソネ」と表現していた。
それが、詩の否定性であり、虚無に他ならない。

マラルメは、最後に、その自己参照性に基づき、「純粋なその爪が」という詩について、自らに語らせる。

7つの脚韻の詩は、七重奏(septuor)だ。
それを囲む枠組み(=額縁)が14行で組み立てられたソネであり、自己参照する言葉からは、外部への参照は忘れられている。
その額縁の中で、数多くの輝き(=言葉)が素早く凝固し、「純粋なその爪が」が出来上がる。
つまり、このソネ自体が自分について語っていることになる。

詩の「虚無」とは、詩のソトの世界を参照をするのではなく、合わせ鏡の世界のように、自己を映し出すことだと言える。

その自己参照性に基づく「虚無」のエムブレムが、styx。
意味がなく、押韻、つまり音のために作り出された言葉。

「純粋なその爪が」は、その詩自体について語る詩であり、内容は自己参照というにすぎない。
しかし、12音節の詩句が14行続けられ、音楽的な美を生み出している。
読者は、その美に導かれ、「yxのソネ」の中をのぞき込み、意味を見出す旅に出る。
その時に求める意味は、理性に基づく知的な理解ではなく、直感による発見によって生み出される。

マラルメの否定の詩学、あるいは虚無の詩は、そうした旅の入り口を指し示している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中