ボードレール 「腐った屍」 Baudelaire « Une Charogne » 奇妙な恋愛詩

最後にもう一度朗読を聴いてみたい。
『ポンヌフの恋人』の俳優ドニ・ラヴァンの声は、この詩に相応しい。

レオ・フェレの歌。勢いが生を感じさせる。

フランス語での詩の解説。本質をついているとは言えないが、それなりに参考にはなる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中