Blame it on my youth 若さのせい

それを責めるなら、若さのせいにしてというフレーズが、フリレインとして繰り返されるBlame it on my youth.
ロマンチックな歌詞とロマンチックなメロディー。誰が歌ったも、誰が演奏しても、物憂い感じになる。

代表的なのは、ナット・キング・コールの歌声で歌われたBlame it on my youth.

If I expected love when first we kissed,
Blame it on my youth.
If only just for you I did exist,
Blame it on my youth.

I believed in everything,
Like a child of three.
You meant more than anything,
All the world to me.

If you were on my mind both night and day,
Blame it on my youth.
If I forgot to eat and sleep and pray,
Blame it on my youth.

If I cried a little bit
when first I learned the truth,
Don’t blame it on my heart,
Blame it on my youth.

https://www.azlyrics.com/lyrics/natkingcole/blameitonmyyouth.html

キース・ジャレットのピアノ・トリオでの演奏。とてもリリカルで美しい。

女性ヴォーカルのものは数多くある。
ナンシー・ウイルソンはちょっと投げやりな歌い方のところもあり、それがまた魅力的。

チェット・ベーカーの歌声。いつものように心に滲みる。

アンドレ・プレヴィンのオーケストラでの演奏は、まったく雰囲気が違う。こうした違いも、ジャズの楽しみの一つ。

才人と言われるブラッド・メルドーを中心としたピアノ・トリオ。曲のよさを活かしながら、メルドーの世界に引き込んでくれる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中