ボードレール アホウドリ Charles Baudelaire L’Albatros 詩人の肖像

フランスでは、バカロレアの準備として様々な解説が出ている。


上田敏の翻訳と掘口大學の翻訳を読み比べるのも興味深い。
翻訳はあくまでも訳者の解釈であり、訳者の言葉を読むことであることが実感できる。

上田敏訳「信天翁(おきのたゆう)」     

波路遙けき徒然(つれづれ)の慰草(なぐさめぐさ)と船人(ふなびと)は、
八重の潮路の海鳥(うみどり)の沖の太夫(たゆう)を生檎(いけど)りぬ、
楫(かぢ)の枕のよき友よ心閑(のど)けき飛鳥(ひちよう)かな、
奥津潮騒(おきつしほざゐ)すべりゆく舷(ふなばた)近くむれ集(つど)ふ。

たゞ甲板(こうはん)に据ゑぬればげにや笑止(しようし)の極(きはみ)なる。
この青雲の帝王も、足どりふらゝ、拙(つたな)くも、
あはれ、真白き双翼(そうよく)は、たゞ徒(いたづ)らに広ごりて、
今は身の仇(あだ)、益(よう)も無き二つの櫂(かい)と曳きぬらむ。

天(あま)飛ぶ鳥も、降(くだ)りては、やつれ醜き瘠姿(やせすがた)、
昨日(きのふ)の羽根のたかぶりも、今はた鈍(おぞ)に痛はしく、
煙管(きせる)に嘴(はし)をつゝかれて、心無(こころなし)には嘲けられ、
しどろの足を摸(ま)ねされて、飛行(ひぎよう)の空に憧(あこ)がるゝ。

雲居の君のこのさまよ、世の歌人(うたびと)に似たらずや、
暴風雨(あらし)を笑ひ、風凌(しの)ぎ猟男(さつを)の弓をあざみしも、
地(つち)の下界(げかい)にやらはれて、勢子(せこ)の叫に煩へば、
太しき双(そう)の羽根さへも起居妨(たちゐさまた)ぐ足まとひ。

掘口大學訳「信天翁(あほうどり)」

しばしばよ、なぐさめに、船人等、
信天翁 生け捕るよ、
潮路の船に追いする
のどけき旅の道づれの海の巨鳥

青空の王者の鳥も
いま甲板に据えられて、
恥さらす姿も哀れ、両脇に、
白妙の両の翼の、邪魔げなる、櫂と似たりな。

天翔けるこの旅人の、ああ、さても、さま変れるよ!
麗しかりしこの鳥の、ああ、なんと、醜くも、おかしきことよ。
一にんは、パイプもて、嘴こづき
他は真似つ、足なへの片輪の鳥を!

「詩人(うたびと)」も、哀れ似たりな、この空の王者の鳥と、
時を得て嵐とあそび、猟夫(さつを)が矢弾あざけるも
罵詈満つる俗世の地に下り立てば
仇(あだ)しやな、巨人の翼、人の世の行路の邪魔よ。

ボードレール アホウドリ Charles Baudelaire L’Albatros 詩人の肖像」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中