ディドロ 百科全書の精神 全ては連鎖し、全体を形作る

von Loo, Denis Diderot

ドゥニ・ディドロは、18世紀の啓蒙思想を代表する『百科全書』の編集者として知られているが、哲学的な著作だけではなく、小説、演劇、美術評論等、多方面にわたる著作活動を行った。

活動の幅が広く、時代によって考え方も異なっているように見えるために、全ての著作の根底に流れるディドロの本質的な思考を見極めるのは難しいと言われている。
しかし、18世紀の時代精神の流れの中に彼の著作を置いてみると、一貫した基盤がおぼろげながら見てくる。

ディドロは徹底した物質主義の提唱者であり、無神論者だった。
「人間は物質である。」
この言葉を出発点として、次の問いに進む。
「物質である人間は、思索する。」

18世紀の啓蒙主義の中心にいた哲学者たちの中でも、神の存在を信じない者はそれほど数が多くなかった。
実証主義精神に基づき、実験科学によって神の存在を証明することはできない。しかし、ヴォルテールのように、ニュートン力学に由来する科学精神で現実の観察から思索を始めた哲学者でも、神の存在を否定することはなかった。

他方、ディドロは、ドルバック男爵(1723-1789)と並び、自然にある物質を超越した次元(=神)の存在を認めなかった。哲学も、生理学、博物学、医学と同様、恣意的な精神性の介入しない科学である必要があると考え、実証可能な対象は物質のみに限られるからである。
従って、人間も肉体という物質を観察、実験の対象にする。しかし、その物質は感情を持ち、比較し、経験し、記憶し、思考する。
としたら、物質から思考へのつながりをどのように考えたらいいのだろう?

ディドロは、その問いに次のように答えるだろう。
「自然の中では、全てが連鎖している。」

その「連鎖」「繋がり」「関係」こそが、『百科全書』の精神であり、ディドロ的思想の核に他ならない。


ドゥニ・ディドロは1713年、オート=マルヌ県のアングルで生まれた。一家には聖職につく者が多く、彼もイエズス会の学校で学び、13歳になると剃髪をした。しかし、教会制度には違和感を感じていたようである。

1728年からはパリに出て放浪生活を送り、その間に演劇に熱中した。1741年に彼は恋に落ち、翌年の12月、アングルに戻り父に結婚の許しを求めるが、拒絶され、修道院に入れられてしまう。
しかし、なんとかそこから脱出し、パリに戻り、1743年、アンヌ・トワネット・シャンピオンと秘密裏に結婚する。

彼は英語ができたので、生活のために翻訳などして生活費を稼いでいたが、そのために、イギリスのイーフレイム・チェンバーズの編集した『百科全書』の翻訳を依頼されることになった。
1742年にはジャン・ジャック・ルソーと知り合い、音楽とチェスという二つの趣味のおかげで親しくなる。また、その頃、感覚論の主導者であるコンディヤックとも親しく付き合うようになり、物質主義的思想に傾倒した。

また、経験論者である初代シャフツベリ伯爵 (アントニー・アシュリー=クーパー、1621-1683)の『美点と美徳に関するエセー』の翻訳を手がけ、狂信と狂信に戦う必要性を強く感じるようになる。とりわけ、美徳は宗教によって決定されるものではなく、人間にとって自然なものだと確信した。

物質主義に基づいた反王権、反制度的宗教というディドロの基本的な姿勢は、1740年代に確立したのだと考えられ、。1749年に出版された『目の見える人々のための盲人に関する書簡(邦訳名:盲人書簡)』は、その結実である。
この書の無神論的思想のために、ディドロはヴァンセンヌの監獄に入れられてしまう。
ルソーは、監獄にいる友を見舞うためにヴァンセンヌに向かっているときにインスピレーションを得、『学問芸術論』を構想したという話はよく知られている。

ディドロが監獄から出ることができたのは、『百科全書』の編集を依頼した書店主たちの働きによるものだった。1750年から約20年間の間、彼はその巨大な企画に携わることになった。
しかし、それだけではなく、その間に様々な著作を執筆することにもなる。

哲学書としては、物質主義的世界観の上に立ち、自由と決定論の問題を中心にした『自然の解釈に関する思索』、物質主義を様々な角度から論じた『ダランベールの夢』等がある。
1772年に出版された『ブーガンヴィル旅行記補遺』では、社会道徳を中心的なテーマとし、「よき野蛮人」という一つの神話を取り上げ、「自然」という概念を分析するなどした。

演劇作品としては、『私生児』『一家の父』などある。それらは市民の家庭の生活を描く市民劇であり、美徳、道徳がテーマとなっている。登場人物は類型的であり、道徳の教訓が前面に出すぎという批判がしばしば向けられることがある。

彼の興味は小説にも向かい、『修道女』『ラモーの甥』『運命論者ジャックと彼の主人』等の中で、制度化した宗教の抑圧、運命論と自由、美徳と道徳の問題などをテーマとした。

サロンと呼ばれた絵画展の批評も手がけ、美術批評という新しいジャンルの先駆者にもなった。それだけではなく、ディドロは、18世紀のロココ美術に関する同時代の証人としても重要な役割を果たしている。

1773年、啓蒙的な君主という評判が高かったロシアのエカチェリーナ2世(1729-1796)の招きの応じ、サント・ペテルスブルクに赴く。しかし、現実の彼女はディドロの目には十分に啓蒙的とは見えなかった。

ディドロは、フランスに戻った後も美術批評や哲学的な著作の執筆を続け、1784年、70歳で生涯を終えた。

彼の著作は、他方面に渡り、数も多い。そこでの主張も変幻自在に見え、物質主義という以外、彼の思想の核を掴むのは難しい。そうした中で、ここでは、「百科全書」の語源をキーワードとして、ディドロ思想の本質がどこにあるのか探ってみよう。

百科全書の精神

『百科全書 科学、技術、技能に関する合理的辞典』の出版は、出版業者アンドレ・ル・ブルトンが、イギリスのイーフレイム・チェンバーズの編集した『百科全書』(Cyclopaedia, 1728)のフランスでの出版を企画し、翻訳をディドロに依頼したことから始まる。
ディドロは、単なる翻訳ではなく、自分たち自身の事典を作ることを望み、ダランベールを共同編集者として、モンテスキュー、ヴォルテール、ルソーたちに各項目の執筆を依頼したのだった。
その結果、1751年から1772年まで約20年間にわたり、全17巻、図表11巻に及ぶ巨大な事典の出版に至った。

ダランベールによって書かれた「序文」には、『百科全書』という題名と同時に、「科学、技術、技能に関する合理的辞典」という副題の意図が明記されている。

私たちの始めた(そして最後まで終わることを願う)作品には、2つの目的がある。「百科全書」としては、人間の知識の秩序と繋がりを、できるかぎり提示すること。「科学、学芸、工芸に関する合理的辞書」としては、それぞれの学問、それぞれの技術において、それが人間(芸術)に関するものであろうと、技術に関するものであろうと、知識の基礎となる一般的な原則と、知識の本体と要点をなす最も本質的な細部を含むこと。

「合理的」という言葉は、「理性」に従って行われたという意味であり、「理性」は人間の知識を二つの次元で捉える。
1)具体的な現象を観察、実験、分析し、それらの結果を総合すると同時に、一般的な法則を導き出す。
2)獲得した個別の知識を秩序立て、連結すること。
別の見方をすれば、全体的な系統樹を作り、参照記号で結び(リンクを貼り)、繋がりを作ること。

それぞれの考察から一般論を導き出す作業は、それ以前にも行われてきた知の集積だといえる。
18世紀において、知識は、実証主義精神に則り、観察、実験、考察を通して明らかにされた真実の集積だった。

『百科全書』の最初に挿入された真実の女神の寓意は、その象徴だと言ってもいい。
説明文には、「真実」の右側には、「理性」と「哲学」が配置され、一方が「真実」のヴェールを持ち上げ、もう一方がそれを引きはがそうとしている、と記されている。

ディドロたちの新しさは、そうしたの知識を連結し、関連付けたことにある。
ディドロ自身、「百科全書(encyclopédie)」という項目を執筆し、その点を強調している。

百科事典(encyclopédie)、この言葉が意味するのは、「知識の連鎖」である。それは、ギリシア語の前置詞 ( εγ, en)、名詞の輪(κύκλος, cercle)と知識(παιδεία, connaissance)から構成されている。
 実際、『百科全書』の目的は、地球上にばらまかれた知識を集積し、それらの全体的な体系を、私たちと共に生きる人々に開示し、後に続く人々に伝えることである。

ディドロによれば、エンサイクロペディアの語源を遡ると、知識がサークル(輪)のように連続して循環する状態にあるという意味になり、蓄積された膨大な知識を同時代人と共有し、次の世代に伝えていくことが、百科全書の本質に他ならない。

つまり、『百科全書』の本質は、個々の知識の集積である以上に、それらを連結し、全体的な体系を形作ることにあったのだといえる。
そうした連結あるいは連続的な変化の意識こそが、ディドロの物質主義的世界観、人間観の本質だと考えられる。

『ダランベールの夢』(1769)において、「人間は思考する物質である。」という命題の原理が、物質から精神活動への連続性によって説明される。

最初に存在するのは物質のみ。ただし、物質には運動と感受性という二つの機能があり、それに従って変形する。
鉱物は、感受性が不動の物質。植物と動物は感受性が能動的な物質。さらに進むと、感受性を有する物質から、思考する物質になる。それが人間。

結局、人間は、全ての物質が構成する全体の中にあり、一つの物質を構成する多数の分子の総体と見なされる。
さらに、その全体系において、一つの物質は別の物質へと斬新的に移行する。
そうした考えは、それぞれの個体を他とは連続性のない存在と見なす私たちの考え方とは違っているために、理解するのが難しい。

ダランベールは、夢を見ている状態で、ディドロの世界観を次のように語る。

全ての存在はお互いに循環しています。従って、全ての種類・・・、全てが絶え間ない流動の状態にあります。・・・ あらゆる動物はある程度は人間です。あらゆる鉱物はある程度は植物。あらゆる植物はある程度は動物。自然において、はっきりと他から隔絶されているものは何もありません。・・・(中略) あらゆる物がある程度は何かなのです、ある程度は大地、ある程度は水、ある程度は空気、ある程度は火。ある程度はある時代に属し、別の時代に属してもいる。・・・従って、何一つ、個別の存在の本質ではありません。・・・本質ではないのです。なぜなら、どのような性質も、何かの存在に属してはいないからです。・・・その性質のある程度大きな関係のせいで、私たちはその性質をあるものに与え、他のものを除外するのです。・・・ (中略) 自然の中に、他の原子と厳密に類似した原子があるでしょうか?・・・ ありません。・・・全てが自然状態にあり、その連鎖の中に空白はないということを、あなたは認めないのですか? あなたは個という言葉で、何をおっしゃりたいのでしょうか? 個はありません。そうです、個はありません。・・・あるのはただ一つの巨大な個だけです。その個とは全体です。

ここでは明確に、全ての存在が連鎖し、個として100%他と隔絶しているものはないと言われる。
そのことは、「ある程度」という言葉を何度も反復することで、文体によって読者に伝わるように工夫されている。
地球上の全ての存在が、何かしら繋がりを持ち、関連しあっている。
別の視点から見ると、存在するのは「一つの全体」であり、そこから「部分」に分かれていくことになる。

もしも「個別の存在の本質」が過程すると、個々の存在以前に本質があるというプラトン的なイデア論につながる考え方になる。

ディドロはそうした本質を否定し、観察可能な物にこだわる。鉱物、植物、動物、人間、それらは実際に存在する。
そして、連鎖を通して、「物質が思考する」根拠とする。
鉱物は多かれ少なかれ植物でもあり、生命を宿す。植物は多かれ少なかれ動物であり、感覚を持つ。動物は多かれ少なかれ人間であり、思考する。
それらの連鎖の中には空白はない。

一般的には、それらを切断して、個を捉えようとするのはなぜか?
夢の中のダランベールは、次のように語る。それぞれのものの性質を決定する何らかの「関係」がある。その「関係」が大きいと、それが一つのものの属性と考える。そこで、他と切り離された個が存在すると考えることになる。

個を否定し、全てを連鎖や関係の中で捉える考え方は、21世紀を生きる私たちの考え方とはかなり異なっているので、理解しにくい。
しかし、19世紀半ばに提示されたダーウィンの進化論を思い出すと、ディドロの思考が理解しやすくなる。
当時は、猿から人間が進化したという主張は、猿と人間の垣根を取り払うものであり、到底受け入れられるものではなかった。
21世紀には、進化論が主流であり、キリスト教原理主義のように進化を否定する方が少数派である。つまり、現代では、少なくともある動物から人間への連鎖は認められていることになる。

ディドロは、徹底的な物質主義者、唯物論者として、連鎖を無性物にまで広げた。原理的には全てがつながっていて、最初に物質があり、それが感覚を持ち、思考することもある、と主張した。
その世界観は、まさに百科全書の思想 ー 知の連鎖と全体性 ーと同一だといえる。

その思想は、ディドロが絵画について語る時にも見られる。
彼は、『百科全書』の「美」の項目を自ら執筆し、「関係の知覚が美の基礎である。」とした。

「知覚」ということは、美が相対的であるという認識を示している。
もし、現実に存在する物よりも先に美(の概念、イデア)があるとしたら、美は個々の事物を超えた絶対的なものとなる。
他方、「知覚」という要素が入ると、知覚する主体があり、ある対象を見る、触れる、比較するなどの行為が前提にされる。その場合には、一回一回の知覚によって美は変化する可能性があり、相対的なものと考えられる。

「関係」に関して、ディドロは、現実の関係、知的あるいは虚構の関係を区別しながら、知覚で捉える現実の関係が美を決定付けるとする。

ある存在に関して、その中に見出される関係によって、それを「美しい」と私が言う時、決して、私たちの想像力がそこに持ち込む知的あるいは虚構の関係を話しているのではない。私が言うのは、そこに存在する現実の関係であり、私たちの知性が感覚の助けを借りて見出すものである。(中略)
一つの物の中に全く同一の関係を見出し、同じ程度に「美しい」と判断する人間は絶対にいない。

ディドロは何が美しく、何が美しくないと定義しているわけではない。もしそのようにしたら、絶対的な美を名指すことになる。
彼は、一人一人によって美は異なるのであり、その違いは、存在の連鎖の中でどのような関係を捉えるのかによると考える。
関係を捉えるのは物質に対する感覚であり、その感覚が喜びや賞賛、美的感覚へとつながる。

このように、ディドロの著作の様々な分野を、「百科全書」の精神が貫いているのだということができる。


ディドロ、ダランベール編『百科全書 ― 序論および代表項目』 桑原武夫訳編、岩波文庫、1995年。

ドゥニ・ディドロ『ダランベールの夢、他4編』新村 猛訳、岩波文庫、1958年。

ドゥニ・ディドロ『絵画について』佐々木建一訳、岩波文庫、2005年。

『ディドロ著作集』全4巻、法政大学出版局、1976年。

中川久定『人類の知的遺産41 ディドロ』講談社 、1985年。

中川久定『啓蒙の世紀の光のもとで ディドロと<百科全書>』岩波書店、1994年。

ジャン・スタロバンスキー『絵画を見るディドロ』小西嘉幸訳、法政大学出版局 、1995年。

ダニエル・モルネ『十八世紀フランス思想 ー ヴォルテール、ディドロ、ルソー』市川慎一、遠藤真人訳、大修館書店、1990年。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中