ラ・グルヌイエール美術館 Musée de la Grenouillère 印象派の美術館

モネとルノワールが一つの場面を描いたことで有名なラ・グルヌイエール。
ラ・グルヌイエール美術館には、残念ながら本物はないが、本物を思わせる見事な複製画が並べられている。

RERのA線で、パリから約15分程度の所にあるシャトゥ・クロワシ(Chatou-Croissy)下車。
ラ・グルヌイエール美術館までは、徒歩で10分くらい。
http://www.grenouillere-museum.com/grenouillere/

続きを読む

印象派の島シャトゥとメゾン・フルネーズ

印象派の絵画が好きな人なら、ルノワールの「船遊びをする人々の昼食」を見た覚えがあるだろう。

Auguste revnoir, Le Déjeuner des canotiers

この絵の舞台となったレストランが、メゾン・フルネーズ。今でも営業している。
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g666520-d858570-Reviews-Maison_Fournaise-Chatou_Yvelines_Ile_de_France.html

続きを読む

クロード・モネ 少年時代のデッサン

2019年7月26日のニュースで、クロード・モネの少年時代のデッサンを紹介している。絵画やジヴェルニーの庭はよく目にするが、デッサンを見ることはあまりないので、興味深い。

https://www.francetvinfo.fr/culture/arts-expos/peinture/art-sur-les-traces-de-claude-monet_3553083.html

Le génie de Claude Monet commence très tôt, à peine sorti de l’enfance. Avec ses caricatures d’une qualité exceptionnelle. À l’époque, il n’a que 15 ans. Et comme il s’ennuie dans son collège du Havre, il dessine des portraits à charge sur ses cahiers. Il va même les vendre, 20 francs pièce, une vraie somme pour l’époque. “Monet est immédiatement reconnu comme un jeune homme avec un potentiel hors norme. On dira souvent des impressionnistes qu’ils ne savent pas dessiner. Ici, la genèse de Claude Monet nous montre le contraire”, raconte Marianne Mathieu, directrice scientifique du musée Marmottan.

フィリピンの美しい海 エル・ニド

フランス2のニュースで紹介されていたフィリピンの素晴らしく美しいラグーン。
暑い中、映像を見るだけで、清涼感を感じます。

https://www.francetvinfo.fr/decouverte/vacances/el-nido-le-tresor-des-philippines-protege-du-tourisme-de-masse_3548463.html

France 2 vous emmène aux Philippines à El Nido, un des derniers sanctuaires préservés du pays où depuis peu des quotas de touristes ont été imposés par les autorités.

ナミビア砂漠の美

2019年7月19日のFrance 2, 20時のニュースで、アフリカの南西部に位置するナミビア砂漠の自然が紹介されていた。
世界で最も古いと言われるその砂漠は、これまでに見た事がないほどユニークで、素晴らしく美しい。

https://www.francetvinfo.fr/monde/afrique/namibie/le-desert-de-namibie-une-perle-vieille-de-55-millions-d-annees_3543303.html

Le désert de Namibie, une perle vieille de 55 millions d’années
Les Namibiens appellent leur désert la Mer de sable. Grand comme trois fois la Belgique, le désert du Nabib a également la réputation d’être le plus vieux du monde. Il aurait 55 millions d’années.

ノルマンディー上陸作戦

6月6日は、第二次世界大戦の最後、ドイツに占領されていたフランスが、アメリカを中心とした連合軍の助けによって「解放」される第一歩となった、ノルマンディー上陸作戦の日。
2019年は、75周年ということで、いろいろな報道が行われている。

その中で、Quotidienでは、1944年、ドイツと協力関係にあったヴィシー政権下のメディアが、上陸作戦をどのように伝えていたのか、当時の映像を紹介していた。

https://www.tf1.fr/tmc/quotidien-avec-yann-barthes/videos/zoom-disait-presse-collaborationniste-6-juin-1944.html

ドイツ占領下、連合軍の攻撃はテロ行為として報道された。その同じ行為が、戦後になると、解放のための英雄的戦いと捉えられるようになる。