Un temple perdu dans les bois du Mont Maya

 Au regard perspicace de Paul Claudel, au Japon, toute la nature est un temple déjà prêt et disposé pour le culte, et le surnaturel n’est nullement autre chose que la nature.
Et toujours selon cet écrivain français, tout le but de la religion est de placer l’esprit dans une attitude d’humilité et de silence au regard des choses permanentes. (« Un regard sur l’âme japonaise »)

 Voici quelques photos d’un tout petit temple caché dans la nature du Mont Maya, qui témoignent de cette observation de Claudel.

続きを読む

小野市 浄土寺 鎌倉時代の大仏様建築

兵庫県小野市にある極楽山浄土寺の浄土堂は、東大寺の南大門と並び、鎌倉時代の大仏(天竺)様式を代表する建造物。
柱を貫通する長い貫(ぬき)を縦横に張り巡らせ、天井を張らずに高い吹き抜けとし、屋根裏の頂項まで見せた内部構造と、直線の流れを持つ屋根によって特徴づけられる。

続きを読む

摩耶山の花々 2020年春 Fleurs du mont Maya au printemps 2020

2020年3月31日に撮影した、摩耶山の風景です。
山道を歩いていると、あちらこちらに美しい花々が咲き誇っています。
最後に、水の流れとウグイスの鳴き声をyoutube動画としてアップしてあります。
音も合わせてお楽しみください。

続きを読む

ブザンソン 聖ヨハネ聖堂 Cathédrale Saint-Jean de Besançon

フランス・コンテ地方の中心都市ブザンソン。
パリから電車で約2時間30分。

ブザンソンは、ヴィクトル・ユゴーやシャルル・ノディエの出身地。
スタンダールの『赤と黒』の舞台の一つとして、また小澤征爾が優勝した指揮者コンクールの開催地として、日本でもよく知られている。

聖ヨハネ聖堂は、1875年から、フランスの歴史遺産に登録されている。

続きを読む