Francis Cabrel Je t’aimais, je t’aime, je t’aimeraiフランス語の歌詞と日本語で

フランシス・カブレルは、都会化していないフランスの心を持ち続けているシンガー・ソングライター。親しみやすいメロディーに乗った歌詞は詩的で美しい。

« Je t’aimais, je t’aime, je t’aimerai »は、第一義的には、自分の娘への愛を歌っているのだが、それを超えて、親の愛、より広い意味での人間の愛全体を歌っている。その歌詞はとても詩的で、メロディーが美しい。

題名の中のaimerの活用が半過去、現在、単純未来で、フランス語学習者には退屈な活用が、こんな風に使われるという生きた例になる。

Je t’aimais, je t’aime, je t’aimerai  お前を愛してきた、お前を愛している、お前を愛するだろう

続きを読む

Jean-Jacques Goldman Puisque tu pars フランス語の歌詞と日本語で

ジャン・ジャック・ゴルドマンは、現代フランスでもっとも好まれる作詞・作曲家・歌手。
彼は素晴らしい歌をたくさん発表しているが、1988年の« Puisque tu pars »は、その中でも最高のものの一つ。

曲の内容は、コンサートの最後になかなか別れを告げられない観客に、ゴルドマンが語り掛けるもの。別れは決して悲しく辛いだけだけではなく、別れることが、他のところで別の出会いを見出す機会でもあるという。
歌詞はとても詩的で最初はよくわからないかもしれないが、何度も何度も曲を聴くと、忘れられないものになってくる。

ここで紹介する演奏は、2002年のコンサート・ツアーUn tour ensembleのフィナーレで歌われたもので、ゴルドマンはこのツアーを最後にコンサートを行っていない。その意味でも、« Puisque tu pars »に最も相応しいヴァージョンだといえる。

Puisque tu pars  君は去っていくから

続きを読む

アンジェル Angèle  Bruxelles je t’aime

アンジェル(Angèle)はフランス語圏で最も人気のある歌手の一人。Quotidienでの、新曲”Bruxelles je t’aime”のライブとインタヴュー。

Angèle : “Bruxelles je t’aime” en live.
Pour célébrer la sortie de son nouvel album, « Nonante-Cinq », Angèle est sur la scène de Quotidien avec son titre déjà dans toutes les têtes « Bruxelles je t’aime ».

Angèle fête le succès de “Nonante-Cinq”.
Angèle est aujourd’hui la plus grande star francophone. À 26 ans, elle sort son deuxième album, « Nonante-Cinq », sorti un peu plus tôt que prévu pour cause de Covid. Confinée chez elle alors qu’elle devait fêter son anniversaire, la chanteuse a fait la surprise à ses fans de dévoiler « Nonante-Cinq » avec une semaine d’avance. Résultat : l’album cartonne. 

続きを読む

ジョルジュ・ブラサンス 生誕100年 死後40年

ジョルジュ・ブラサンス(Georges Brassens、1921年〜1981年)は、ギターの弾き語りというスタイルで、かつてのフランスの庶民の心情を文学的な歌詞にして歌った。
メロディーが素朴で、フランス人にしか理解できないような非常に微妙なニュアンスに富んだ歌詞だったために、フランス以外の国では人気が出なかったが、フランスでは今でも圧倒的な人気を誇っている。
彼の生誕100年、死後40年の今年、各種の音源や書籍が発売されたという紹介。

続きを読む

フランソワーズ・アルディの歌声 

フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)は、1960年代から活動を始め、今でも一定の人気がある歌手。
歌詞を大切にして、独特の甘い歌声で歌う彼女の歌は、今でも魅力的に聞こえる。
2021年3月16に放送されたQuotidienでは、彼女のキャリアが簡単に紹介されているので、フランソワーズ・アルディがどんな歌手なのか、大まかに知ることができる。

アズナブールの« Qui »を歌うステフィ・セルマ(Stefi Celma)

ステフィ・セルマ(Stefi Celma) は、テレビ番組 Dix pour centで注目を浴びた女優兼歌手。

2020年11月4日に放送されたテレビ番組 6 à la maisonで、彼女の歌う « Qui »(シャルル・アズナブールの曲)が紹介された。歌詞の後半だけしか歌っていないが、とてもいい雰囲気を出している。

続きを読む

ザズ 言葉を聞かせる歌手 Zaz  chanteuse à textes

Zazはデビュー以前にはモンマルトルの丘で路上パフォーマンスをしていたと言われている。その時の映像も残っているが、実に楽しそうで、聞く方まで楽しい気持ちになる。
また、言葉を聴衆に届けるシャンソンの伝統を告ぐ歌手と言われ、エディット・ピアフのカバーなどもしている。

デビューCD「Zaz」の最初に入っている「通り過ぎる人々(Les Passants)」を、モンマルトルの路上で歌っている映像を見ると、Zazがどんな歌手か一目でわかる。

続きを読む

ステーシー・ケントがフランス語で歌う「パリの詩」 Stacy Kent, Raconte-moi…

アメリカの女性ジャズ・ヴォーカリスト、ステーシー・ケントがフランス語で歌ったアルバム「パリの詩(Raconte-moi)」は、外国人が歌っているとは思えない、きれいなフランス語。選曲もよく、とても聴きやすい。
フランス語の初学者がフランス語に親しむために最適のアルバムかもしれない。
その中から何曲か聴いてみよう。

「冬の庭(Jardin d’hiver)」

続きを読む

The Voice  音楽オーディション番組

The Voiceは、フランスでは2012年から始まった音楽オーディション番組。
現在では、大人だけではなく、子供が参加するThe Voice Kidsもある。
https://www.tf1.fr/tf1/the-voice
https://www.tf1.fr/tf1/the-voice-kids

参加者の歌だけではなく、プロフィルの紹介や審査員のコメントなどあり、フランス語の音やリズムに親しむには、ちょうどいい番組になっている。

印象に残っている歌手が最初に登場した時の様子と、その後の活動の中から一曲選んで聴いてみよう。

続きを読む