アリスの不思議な世界 2/2

行動に関する予想外

アリスの不思議な国では、言葉だけではなく、全てのことが予想をくつがえしながら進んでいく。物事は決して型通りには運ばない。「こうすればこうなる」という自動化された連結が次々に破壊される。
なぜそんなことになるのだろうか?

アリスがドアを開けて、部屋に入る場面を考えてみよう。
一般的には、アリスという主体がいて、彼女が部屋に入りたいと考え、ドアを開け、部屋に入っていくとみなされる。次に、部屋の中でテーブルの上にある飲み物を飲むとすると、同じ主体が飲みたいと考え、コップに手を伸ばし、それをつかみ、口に運び、ジュースを飲むという行為の連続が想定される。
動作主であるアリスがまず存在し、彼女が行動を決定し、実行する。

こうした普通の考え方に対して、アリスの不思議な国では、動作の方が主体よりも先にくる。まず行動があり、その後から、それをした人が想定される。ドアを開けるという行為があり、それから、それをした人が誰かという問題が出てくる。

こうした行動中心の視点を最もよく表現しているのは、チェシャ猫である。
公爵夫人の台所の中で、チェシャ猫は耳から耳まで届きそうな大きな口をあけて、ニヤニヤしている。
アリスが森の中に行くと木の枝の上に突然現れ、また消える。そこでアリスはこう呼びかける。

続きを読む

アリスの不思議な世界 1/2

世界の児童文学の中で、最もユーモアに満ち楽しい物語は何かと問われたら、多くの人が「アリス」と答えるに違いない。

その中には、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』は読まず、ウォルト・ディズニーの「ふしぎの国のアリス」(1951年)を見ただけという人もいるだろう。
アニメも見ていなくて、アリスという名前をどこかで聞いたことがあるだけかもしれない。それでもアリスという名前はよく知られて、人気がある。

それだけではなく、ルイス・キャロル、本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(1832-1898)の作品は数多くの専門家に取り上げられ、数えきれないほどの研究が行われている。
文学だけではなく、哲学、論理学等の素材として使われたりもする。児童文学という枠組みだけでは収まらない内容を含んでいるのである。

ここでは、『不思議の国のアリス』を取り上げ、児童文学という枠組みの中でその作品がどのような独自性を持ち、そのジャンルにどのような新しさをもたらしたのか、考えてみることにする。

続きを読む