フランス・バロック音楽 ミシェル=リシャール・ド・ラランド  Michel-Richard de Lalande et la musique baroque française

フランスの文化がヨーロッパの中心を占め、最も輝いていたのは、ルイ14世の時代。その中でも、パリからヴェルサイユに王宮を移転させた17世紀後半から1715年の王の死までだろう。

その時代、ヴェルサイユのチャペルで音楽演奏を担っていた音楽家の一人が、ミシェル=リシャール・ド・ラランド(1657-1726)。
フランス・バロック音楽を代表する作曲家であるド・ラランドの曲を聴くと、ヴェルサイユ宮殿でルイ14世の主催する様々な催し物に立ち会っているような錯覚に襲われる。

1711年に作曲されたとされる小モテットLeçons de ténèbres(暗闇の日課)を、ヴェルサイユ宮殿の中にあるチャペルで聞くことができたら、どんなに素晴らしいだろう。
ここでは、イザベル・デロシェのソプラノで、Leçons de mercredi(水曜日の日課)を聞いてみよう。

続きを読む

ルイ14世の宮廷音楽 17世紀フランス・バロック音楽の美

17世紀のフランス・バロック音楽の素晴らしい演奏と歌をyoutube上で聞くことができる。

作曲は、ルイ14世の宮廷で活動していた、マラン・マレ、ミッシェル・リシャール・ド・ラランド、ルイ・クープラン、ロベール・ド・ヴィゼ。

マラン・マレ:リュリ氏のための墓石(Tombeau pour Monsieur de Lully)

続きを読む

モンテヴェルディ 「オルフェオ」 Monteverdi « Orfeo » バロック・オペラの先駆け

Nicolas Poussin, L’Inspiration du poète

1607年に初演されたモンテヴェルディのオペラ「オルフェオ」。

モンテヴェルディは、オペラという形式の中で、音楽に劇的な表現を与え、ルネサンス音楽からバロック音楽への橋渡しをした。

物語は、ギリシア神話のオルフェウスの話に基づいている。

演奏は、レ・ザール・フロリッサン(Les Arts Florissants)。
ウィリアム・クリスティによって設立された古楽器オーケストラ及び合唱団。

続きを読む