ボードレール 「レスボス」  Baudelaire « Lesbos » 1/3 レスビエンヌたちの口づけ

シャルル・ボードレール(Charles Baudelaire)の『悪の華(Les Fleurs du mal)』が1857年に出版された時、反宗教的かつ風俗を乱すという理由で裁判にかけられ、詩集から6編の詩を削除することが命じられた。「レスボス」はその中の一編で、実際に1861年の第二版からは削除された。

現在の私たちの感覚からすると、なぜこの詩が猥褻とみなされたのか不思議な感じがする。そのギャップを知るだけでも「レスボス」を読むのは興味深いのだが、詩の理解を通して19世紀半ばと現代の知識のギャップを知ることができるのも楽しい。

詩の題名のレスボスは、ギリシアのレスボス島のこと。エーゲ海北東部のトルコ沿岸に近いギリシア領の島で、紀元前7世紀後半から6世紀前半、女性の詩人サッフォーが生まれたことで知られている。

ウィキペディアの「サッポー」の項目を見ると、「サッポーは、自分の身のまわりにいた少女たちに対する愛の詩を多く残した。そのため、サッポーと同性愛を結びつける指摘は紀元前7世紀ごろから存在した。」という記述とともに、「ボードレールは『悪の華』初版で削除を命じられた「レスボス」においてレスボスを同性愛にふける島として描き、レズビアニズムの代表としてのサッポーのイメージを決定的にした。」という記述が見られる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%BC#cite_note-yk18-1

19世紀前半のサッフォーのイメージで最も大きかったのは、グリルパルツァーの戯曲『サッフォー』やラマルティーヌの詩「サッフォー」に描かれたような、美少年パオーンとの恋に破れ、レスボス島の断崖から海に身を投げる姿だった。


ボードレールは、まずレスボス島への呼びかけから始める。その第1詩節に関して、『悪の華』裁判で弁護を担当した弁護士は、「詩的な観点から見て、この詩節を手放しで賞賛しないことは不可能です。」と述べている。

続きを読む