中世における日本文学の輝き

フランス文学と比較して、日本の中世文学がいかに優れたものだったか、年代を追って見ていくと驚くしかない。

日本の最初の歴史書である『古事記』が成立したのは、712年と言われている。天武天皇の命令で、稗田阿礼が誦習したものを、太 安万侶が書き記したと、序に記されている。

720年には『日本書紀』が編纂され、759年になると、『万葉集』が成立する。

その時代、フランスはまだ国として存在していなかった。そのことに気づくだけでも驚くのではないだろうか。

800年に戴冠したカール大帝の死後、フランク王国が3分割され、その中の西フランク王国がフランスの国土の基本的な部分を形成することになる。
987年に西フランク王国が断絶し、パリ伯ユーグ・カペーがフランス王となり、フランス王国が成立する。

フランス語が成立するのもその間であり、842年、西フランク王国のシャルル2世と東フランク王国ルートヴィヒ2世が締結した「ストラスブールの誓い」の中で初めて、現在のフランス語のベースとなる古フランス語が確認されてると言われている。
従って、当時、フランス語で書かれた文学など考えようもなかった。

続きを読む