ラ・フォンテーヌ 「女に姿を変えた雌猫」 La Fontaine « La Chatte métamorphosée en femme » 自然なままで

猫は人間にとってとても近い動物なので、様々な文学作品に出てくる。
ラ・フォンテーヌの寓話の中にも、「女に姿を変えた雌猫(La Chatte métamorphosée en femme)」がある。

この寓話は、イソップの「猫とヴィーナス」が下敷きになっている。

  猫が若い素敵な男性に恋をした。そこで、ヴィーナスに自分を人間の女に変えてくれるようにとお願いした。ヴィーナスはその願いを承知すると、彼女を美しい娘に変えてやった。
  こうして若者は、娘に一目惚れすると、彼女を家に連れ帰ってお嫁さんにした。ヴィーナスは姿を変えたネコが、性質も変わったかどうか知ろうとして、二人が寝室で横になっているところにネズミを放した。今の自分をすっかり忘れてしまったネコは、ネズミを食べようと寝椅子から跳ね起きネズミを追い掛けた。ヴィーナスはこの様子に大変失望して、ネコをもとの姿に戻した。
  悲しいことだが、生まれ持ったものは変えられない。

この話をラ・フォンテーヌはどのように変形し、17世紀のサロンや宮廷のエスプリに溢れたものにしたのだろうか。

続きを読む

猫の詩人 シャルル・ボードレール Charles Baudelaire, poète des chats その4 散文詩「時計」 « L’Horloge »

散文詩集『パリの憂鬱』に収められている「時計(L’Horloge)」は、猫の目を見つめて時間を知るというエピソードから、愛する女性の瞳の中で発見される不思議な時間へと展開する詩。
最後に詩人自身によって、それが恋愛詩であると告げられる。

詩人が愛する猫(女性)の中に見つける時間がどのようなもので、その詩がなぜ愛の告白になるのだろうか。

        L’HORLOGE

  Les Chinois voient l’heure dans l’œil des chats.
  Un jour un missionnaire, se promenant dans la banlieue de Nankin, s’aperçut qu’il avait oublié sa montre, et demanda à un petit garçon quelle heure il était.
  Le gamin du céleste Empire hésita d’abord ; puis, se ravisant, il répondit : « Je vais vous le dire ». Peu d’instants après, il reparut, tenant dans ses bras un fort gros chat, et le regardant, comme on dit, dans le blanc des yeux, il affirma sans hésiter : « Il n’est pas encore tout à fait midi. » Ce qui était vrai.

続きを読む

猫の詩人 シャルル・ボードレール Charles Baudelaire, poète des chats その3 「猫たち」 Les Chats

Eugène Delacroix, Tête de chat

『悪の華(Les Fleurs du mal)』の中に収録された猫を歌った3つの詩の中で、「猫たち(Les Chats)」だけが複数形の題名になっている。
その理由を考えることは、この詩の原理を理解することにつながる。

この詩は、1847年に、『猫のトロ(Le Chat Trott)』というシャンフルリーの小説の中で引用された。
その作品の中で、ボードレールは、とても猫好きな男として描かれている。道にいる猫を手に取ったり、猫が店番している店の中に入っていったり、猫を撫でたり、じっと見つめたりする。
この詩「猫たち」をシャンフルリーがトロに聞かせると、トロは飼い主の女性のところを離れ、ボードレールの膝の上に飛び乗り、詩人を褒めた。そんなエピソードが綴られている。

猫のトロを喜ばせる詩とは、どんな詩だろう。

続きを読む

猫の詩人 シャルル・ボードレール  Charles Baudelaire, poète des chats その2 「猫」 Le Chat

『悪の華(Les Fleurs du mal)』の51番目に置かれた「猫(Le Chat)」は、愛人だったマリー・ドブランのご機嫌をとるため、ボードレールが彼女の猫を歌った詩だと考えられている。

全体は2つの部分からなり、第1部は6つの四行詩、第2部は4つの四行詩で構成される。
全ての詩句は8音節で、韻は、抱擁韻(ABBA)。非常に軽快で、心地良い詩句が続く。

ボードレールはこの詩の中で、猫の魅力を最大限に歌う。

続きを読む

猫の詩人 シャルル・ボードレール  Charles Baudelaire, poète des chats その1 「猫」 Le Chat

シャルル・ボードレールは生前に「猫の詩人」と呼ばれたこともあり、『悪の華(Les Fleurs du mal)』の中には、猫という題名を持つ詩が3編収録されている。
また、散文詩集『パリの憂鬱(Le Spleen de Paris)』に収められた「時計(L’Horloge)」でも、猫が歌われている。
「犬と香水瓶(Le Chien et le flacon)」での犬はかなり手荒く扱われているので、ボードレールの好みは猫に偏っていたらしい。

『悪の華』の34番目に出てくる「猫(Le Chat)」は、2つの四行詩と2つの三行詩からなるソネット。
音節の数は、10音節と8音節が交互に続く、かなり珍しい形。

       Le Chat

Viens, mon beau chat, sur mon cœur amoureux;
Retiens les griffes de ta patte,
Et laisse-moi plonger dans tes beaux yeux,
Mêlés de métal et d’agate.

続きを読む