シャルル・ペロー 「赤ずきんちゃん」 Charles Perrault « Le Petit chaperon rouge » 子ども用の昔話 3/3

ペローは17世紀のフランスを生きた作家だけに、超自然なことが起こる物語を語るにしても、合理的で、理路整然としている。

狼が森の中で赤ずきんを食べなかったのは、木こりがいたから。
狼は、赤ずきんがおばあさんの家に入ろうとした時、おばあさんの声をマネするが、いつもと違っているので、風邪をひいているのだと言い訳をする。
赤ずきんを食べる時にも、そうした合理的精神が貫かれている。

続きを読む

シャルル・ペロー 「赤ずきんちゃん」 Charles Perrault « Le Petit chaperon rouge » 子ども用の昔話 2/3

Le Nain, Christ enfant méditant sur la croix de Rouillac

赤ずきんちゃんは狼と話をするのが危険だとは知らず、素直な受け答えをする。

La pauvre enfant, qui ne savait pas qu’il était dangereux de s’arrêter à écouter un Loup, lui dit :
« Je vais voir ma mère-grand, et lui porter une galette avec un petit pot de beurre, que ma mère lui envoie.

可哀想な子供は、足を止めて狼の言葉に耳を傾けるのが危険だと知らなかったので、こう答えた。
「おばあちゃんに会いに行くの。ガレットをバターの小さな壺と一緒に届けるの。母さんが持っていけって。」

続きを読む

シャルル・ペロー 「赤ずきんちゃん」 Charles Perrault « Le Petit chaperon rouge » 子ども用の昔話 1/3

赤ずきんちゃんの物語は誰でも知っている。
しかし、その話が世界で最初に活字になったのはルイ14世の時代のフランスだった、ということはあまり知られていない。

フランスに古くから伝わる民話を、パリのサロンやヴェルサイユ宮殿の貴族の娘たち向けに語り直したのは、シャルル・ペロー(Charles Perrault)。

ペローの「赤ずきんちゃん(Le Petit chaperon rouge)」では、物語は、狼が赤ずきんを食べたところで終わる。
狩人が現れ、狼のお腹の中から赤ずきんちゃんを助け出される結末は、19世紀前半にドイツのグリム兄弟が付け足したもの。

結末の違いは、物語が伝えるメッセージに関係する。
ペローでは、最後に教訓(moralité)が付けられ、読者として対象にするのは誰か、物語から何を学ぶできかが、明らかにされている。

続きを読む