ヴェルレーヌ 「ヴァルクール」  Verlaine « Walcourt » 印象派的

『言葉なきロマンス』に「ベルギーの風景」という章があり、その最初に置かれているのが「ヴァルクール」。

1872年、ヴェルレーヌはマチルドとの新婚生活を捨て、ランボーと共にベルギーに向かう汽車に乗り込んだ。

ブリュッセルに着く前に、彼等はヴァルクールという町を通りかかる。その時、詩人は幸福感に満ちあふれていたのだろう。
「ヴァルクール」には、いつもの物憂い悲しみなど、どこにも感じられない。屈託がなく、浮き浮きとした心が、そのまま表現されている。

その感情の動きが、印象派の絵画の手法と同調するかのように、小さなタッチで、素早く描かれている。

続きを読む

19世紀フランスの風景画 Le paysage au 19e siècle

自然の景色が描いてあれば、実際の風景を写生したものと思ってしまうことが多い。しかし、現実の風景画が描かれるようになったのは、19世紀のことだった。

18世紀の後半にユベール・ロベールが描いたイタリア・ティボリにあるヴェスタの神殿と滝の絵。雄大な滝を中心にした自然の光景に見える。

Hubert Robert, temple de Vesta à Tivoli
続きを読む