ベルト・モリゾ 穏やかな画筆を持つ印象派の画家 Berthe Morisot peintre au pinceau de douceur

youtubeには、「ゆり籠」の解説がアップされている。
一枚の絵を細かく見るのも楽しい。

ベルト・モリゾを主人公にした映画もある。
2015年に上映された「画家モリゾ、マネの描いた美女~名画に隠された秘密」

マネとベルトの微妙な恋愛感情を軸に、芸術家としての苦悩を描くという、型にはまった作り。
カミーユ・コローに対しての理解もないし、モネの絵の意義も、ベルトの絵画のよさも伝わってこない。
残念ながら、ベルト・モリゾの絵画の理解にはつながらない。

大まかに彼女のキャリアをしるためには、France Cultureの紹介が便利。




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中