フランス文学の道しるべ

はじめに

フランス文学の道しるべ 一歩踏み出す前に
フランス文学の道しるべ 最初の一歩

中世

マリー・ド・フランス すいかずらの短詩 Marie de France Lai de Chèvrefeuile 12世紀文学への最初の一歩

16世紀

フランソワ・ラブレー ルネサンス的理想の人間像を求めて 1/3
フランソワ・ラブレー ルネサンス的理想の人間像を求めて 2/3 アレゴリー
フランソワ・ラブレー ルネサンス的理想の人間像を求めて 3/3 教育と自由

ピエール・ド・ロンサール ルネサンスの抒情詩と天球の音楽 1/2 フランス語の擁護と顕揚
ピエール・ド・ロンサール ルネサンスの抒情詩と天球の音楽 2/2

モンテーニュ 全ては変化する 1/2 動く「私」を吟味(エセー)する
モンテーニュ 全ては変化する 2/2 旅の思考と人生という旅の記録

「新大陸」を前にしたラブレーとモンテーニュ

17世紀

17世紀の時代精神 社会の中の「人間」

17世紀文学における演劇 日本の事情とフランスの状況
コルネイユ 感情に従う? 義務を果たす? 忠臣蔵 vs コルネイユ的英雄像
モリエール 外見の偽りを暴く笑い
ラシーヌ 恋は毒

ラ・フォンテーヌの寓話とペローの昔話