ボードレール 「旅への誘い」 Baudelaire « L’invitation au voyage » その3 散文詩(2/2)

Pieter Janssens Elinga, Interior with Painter, Woman Reading and Maid Sweeping

第6詩節では、室内の様子が絵画的に描きだされる。
ワルツへの招待に倣って言えば、絵画への招待。

 Sur des panneaux luisants, ou sur des cuirs dorés et d’une richesse sombre, vivent discrètement des peintures béates, calmes et profondes, comme les âmes des artistes qui les créèrent. (以下録音の続き)Les soleils couchants, qui colorent si richement la salle à manger ou le salon, sont tamisés par de belles étoffes ou par ces hautes fenêtres ouvragées que le plomb divise en nombreux compartiments. Les meubles sont vastes, curieux, bizarres, armés de serrures et de secrets comme des âmes raffinées. Les miroirs, les métaux, les étoffes, l’orfèvrerie et la faïence y jouent pour les yeux une symphonie muette et mystérieuse ; et de toutes choses, de tous les coins, des fissures des tiroirs et des plis des étoffes s’échappe un parfum singulier, un revenez-y de Sumatra, qui est comme l’âme de l’appartement.

続きを読む

ボードレール 「旅への誘い」 Baudelaire « L’invitation au voyage » その2 散文詩(1/2)

韻文詩「旅への誘い」を、ボードレールはなぜ散文で書き直したのだろうか?

伝統的な考えでは、詩とは韻文で書くものと決まっていた。
韻を踏み、一行の詩句の音節数詩句の音節数が一定であることが、詩と見做される条件だった。

そして、散文は、詩との関係で言うと、韻文を書く前に構想を書き留めるものくらいに考えられていた。

そうした伝統に対して、ボードレールは、韻文で書かれた詩とほぼ同じ内容を散文にし、その散文を詩として成立せようという大胆なチャレンジに挑んだ。
言い換えると、散文詩というジャンルを新たなジャンルを確立することが目標だといえる。

散文詩「旅への誘い」を通して、散文詩とはどのようなものなのか見ていこう。

続きを読む

ボードレール 「旅への誘い」 Baudelaire « L’invitation au voyage » その1 韻文詩

「旅への誘い」は、フランス語で書かれた詩の中で、最も美しいものの一つ。
音楽性、絵画性が素晴らしく、女性に対する愛のささやきが、美に直結している。

その美は現代にも通じ、Louis Vuitton が、David Bowie を使い、L’Invitation au voyageというイメージ・ビデオを作ったことがあった。

ボードレールはこの詩を最初に韻文で書き、次に散文でも同じテーマを扱った。そのことは、詩とは韻文で書かれるものであるという、フランス詩の伝統への挑戦だった。
散文でも詩を書ける。つまり散文詩を文学のジャンルとして成立させる試みだった。

ここでは、韻文の「旅への誘い」をまず読んでみよう。

続きを読む

加藤周一 日本 その心とかたち

加藤周一が日本の文化や美について紹介したNHKの番組「日本 その心とかたち」(全10回)が、youtubeにアップされていました。

加藤周一による日本文化論としては、『日本文化における時間と空間』(岩波書店)がお薦めです。
フランス語の翻訳.
Kato Shuichi, Le Temps et l’espace dans la culture japonaise, Cnrs, 2009.

ボードレールの美学 想像力と現前性

シャルル・ボードレール曰く、
「美は常に奇妙なもの」。Le Beau est toujours bizarre.
「美は常に人を驚かせるもの」。Le Beau est toujours étonnant.

奇矯なものというのは、1855年の万国博覧会での美術展の批評での表現。
驚かせるというのは、1859年のサロンの美術批評の中で使われた言葉。

こうした美意識を持ったボードレールの美学とは、どのようなものなのだろうか?

続きを読む

ボードレール 「旅」 Baudelaire « Le Voyage » 新しい詩への旅立ち その7(最終)

Odile Redon, l’Ange des Certitudes et un regard intérrogateur

「旅」の最後に、詩人は「出航しよう!」と呼びかける。つまり、彼はまだ旅立ってはいず、『悪の華』第二版(1861年)の読者である仲間たちを、新たな詩を発見する旅に誘うのである。

VIII

Ô Mort, vieux capitaine, il est temps ! levons l’ancre !
Ce pays nous ennuie, ô Mort ! Appareillons !
Si le ciel et la mer sont noirs comme de l’encre,
Nos cœurs que tu connais sont remplis de rayons !

おお、死よ、年老いた船長よ、時が来た! 錨を上げよう!
この国は退屈だ、おお死よ! 出港しよう!
空も海も真っ黒い、墨のように。
しかし、お前の知る私たちの心は、光に満たされている!

続きを読む