フィリップ・ジャルスキー カウンターテナーの歌声 Philippe Jaroussky contreténor

フィリップ・ジャルスキーは現代フランスを代表するカウンターテナー歌手。
本人は「天使の歌声」と呼ばれることを好まないというが、彼の歌声と曲がマッチした時の美しさは、時間を忘れて聞き惚れてしまう。

レナード・コーエンの「ハレルヤ Hallelujah」は誰が歌っても素晴らしいが、ジャルスキーの歌だととりわけ素晴らしく聞こえる。

ヴェルレーヌの詩にレナルド・ハーンが曲を付けた「甘美な時 L’heure exquise」。

フォーレの「レクイエム」第4曲「ピエ・イェズ Pie Jesu」

ヘンデル「オブラ・マイ・フ Ombra mai fu」。

同じヘンデルの「私を泣かせてください Lascia ch’io pianga 」

オッフェンバッハ「ホフマン物語」から「舟歌 Barcarolle」。

グリュック「オルフェオとエウリディーチェ」から「エウリディーチェを失って Che faro senza Euridice」

ヴェルサイユ宮殿で行われたコンサート。

最後に、パリの美しい夜景をバックにした「枯葉 Feuilles mortes」。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中