ヴェルレーヌ 「グリーン」 Verlaine « Green » 自然の感性

Auguste Renoir, Cueillette des fleurs

英語のgreen(緑)が題名になっているこの詩は、「ヴァルクール」と並んで、物憂さも、漠然とした悲しみもない。
https://bohemegalante.com/2019/07/27/verlaine-walcourt/

朝まだき、詩人は木や花の中で幸せに満たされ、愛する人の傍らで安らぐ。
その時、自然はヴェルレーヌの心と響き合い、恋人たちをつなぐ慎ましい贈り物になる。

第1詩節

Green

Voici des fruits, des fleurs, des feuilles et des branches
Et puis voici mon cœur qui ne bat que pour vous.
Ne le déchirez pas avec vos deux mains blanches
Et qu’à vos yeux si beaux l’humble présent soit doux.

Paul Cézanne, Fleurs dans un vase

グリーン

見てください。果物や花を、葉や枝を。
それから、わたしの心臓も。あなただけを想い、鼓動しています。
この心を引き裂かないでください、あなたの白い両手で。
あなたの麗しい目に、この慎ましい贈り物が、心地よくありますことを。

日本の詩歌では、山川草木に人の心を託すことが多くある。
ヴェルレーヌは、Voici(ここにある)という言葉の後で、花々と心を並列にすることで、自然の事物と心との対応を示している。

その上で、草木とも、心とも云わず、二つを一緒にして、「慎ましいプレゼント(l’humble présent)」と言う。この「慎ましい」という表現は、贈り物をするときに、「つまらない物ですが」とへりくだる日本的な心持ちを思わせる。

朗読も、こんな風に、控えめで、優しくあって欲しい。

掘口大學の訳だと、第一行目は、次の様になっている。
「受けたまえ、ここに果実と花と葉と枝とこそあれ、」
この訳では、自然と一つになった私の心の穏やかさが感じられないのではないだろうか。
フランス語はもっとずっと穏やかだ。
Voici des fruits, des fleurs, des feuilles et des branches

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中