ヴェルレーヌ 「ヴァルクール」  Verlaine « Walcourt » 印象派的

『言葉なきロマンス』に「ベルギーの風景」という章があり、その最初に置かれているのが「ヴァルクール」。

1872年、ヴェルレーヌはマチルドとの新婚生活を捨て、ランボーと共にベルギーに向かう汽車に乗り込んだ。

ブリュッセルに着く前に、彼等はヴァルクールという町を通りかかる。その時、詩人は幸福感に満ちあふれていたのだろう。
「ヴァルクール」には、いつもの物憂い悲しみなど、どこにも感じられない。屈託がなく、浮き浮きとした心が、そのまま表現されている。

その感情の動きが、印象派の絵画の手法と同調するかのように、小さなタッチで、素早く描かれている。

「ヴァルクール」の最後に、1872年7月という日付がある。
その表記は、ヴェルレーヌが車窓から見た風景を描いていることを示している。
そこで、詩を読む前に、実際の風景を見ておこう。

まず最初に目に入るのは、小さな家々。

Briques et tuiles,    レンガと瓦。
Ô les charmants    おお、チャーミングで
Petits asiles      小さな隠れ家
Pour les amants !    恋人たちのための!

Houblons et vignes,     ホップとブドウ、
Feuilles et fleurs,      草と花々、
Tentes insignes     人目に付くテント
Des francs buveurs !    根っからの酒飲み達の!

Guinguettes claires,      明るい居酒屋
Bières, clameurs,       ビール、大騒ぎ、
Servantes chères       愛しい給仕の女達
À tous fumeurs !        煙草を吸うみんなにとっての!

Gares prochaines,       次の駅から次の駅へ、
Gais chemins grands…      陽気で大きな鉄の道。。。
Quelles aubaines,        なんて運がいいんだ
Bons juifs-errants !        善良な永遠の放浪者たちよ!  

この詩は、ヴェルレーヌの詩の中でも、とりわけ印象派的だ。

ヴェルレーヌ 「ヴァルクール」  Verlaine « Walcourt » 印象派的」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中