ヴィクトル・ユゴー 「夢想」 Victor Hugo « Rêverie » 現実と夢想

1820年代、ヨーロッパでは、オスマン帝国からの独立を宣言したギリシアへの関心が高まり、多くの芸術家の関心をかき立てた。
その代表の一つが、ドラクロワの1824年の作品「キオス島の虐殺」や、1826年の「ミソソンギの廃墟に立つギリシア」である。

Eugène Delacroix, Scènes des massacres de Scio
Eugène Delacroix, La Grèce sur les ruines de Missolonghi

1828年には、ヴィクトル・ユゴーも『東方詩集(Les Orientals)』を出版する。「夢想(Rêverie)」は、その詩集に収められている。

ユゴーは一度もオリエントを訪れたことはなく、詩集の中では知識と想像力によって作り挙げられたイメージが繰り広げられる。
「夢想」はその原理を読者に明かし、現実とイマジネーションの関係を垣間見させてくれる。

「夢想」の最初には、ダンテの『神曲』から取られたエピクラフが付けられている。

日が沈み、暗い空気が、地上に残る魂を苦しみから和らげた。(「地獄編」第2歌)

『神曲』の冒頭、暗い森の中に迷い込んだダンテは、古代ローマの詩人ウェルギリウスと出会い、地獄へと導かれていく。そして、地獄の門に、「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」を書かれているのを目にする。

ユゴーが、ダンテを引用したのは、地上に代表される現実と、日没後の闇の世界によって暗示される非現実の世界を対比するため。
その上で、地上が苦しみの場であり、闇は現実世界で蒙る苦痛を和らげるという詩句から、夢想に対する彼の思想を予告している。

第1詩節

Oh ! laissez-moi ! c’est l’heure où l’horizon qui fume
Cache un front inégal sous un cercle de brume,
L’heure où l’astre géant rougit et disparaît.
Le grand bois jaunissant dore seul la colline.
On dirait qu’en ces jours où l’automne décline,
Le soleil et la pluie ont rouillé la forêt.

ああ! 私をほっておいてくれ。今この時、煙る地平線が、
不揃いの額を、丸い靄の下に隠す。
今この時、巨大な惑星が赤く燃え、消える。
黄色に変わる大きな森だけが、丘を金色に染める。
秋が深まる日々、
太陽と雨が、森を錆びつかせてしまった。

現実世界では、地平線は煙を挙げ、靄に覆われている。太陽は消え去り、秋が深まる時に、すでに太陽や雨で森は錆びついたように荒れ果てている。

ただし、森が黄色に色づき、丘を金色に染めている。
全てが衰えていく(décliner)中で、黄金(dorer)の部分もある、ということになる。

Victor Hugo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中