無の美学 能と幽玄の美

能が禅の精神を反映していることは、広く認められている。

能の完成者である世阿弥は、室町幕府の三代将軍・足利義満に重用された。
義満と彼の息子である足利義持は、禅宗の積極的に導入し、北山文化を開花させた。
そうした状況の中で、世阿弥も能の思想を吸収し、猿楽や田楽と呼ばれていた芸能に、禅の精神を注入したことは、自然なことだっただろう。

世阿弥が記した芸の理論書『風姿花伝』にも禅を思わせる教えが数々見られる。
例えば、「住(じゅう)する所なきを、まづ花と知るべし。」
住する、つまり一カ所に留まらないことが、芸の花を咲かせると言う。
これは、中国の禅僧・慧能(えのう)が説く、「住する所無くして、其の心を生ずべし]という言葉に基づいている。

現実の世界ははかなく、全ては時間とともに消え去ってしまう。その流れに押し流されながら、しかし、その現実に永遠を現生させ、美を生み出す。
とりわけ世阿弥が刷新した能は、幽玄の美を目指している。

極小化

能楽は、余分なものを全てそぎ落とし、現実を極小化することで、逆接的に、無限の世界を喚起する。
「ないこと」が最大の効果を発揮するという意味で、省略の美学、余白の美学といってもいい。

舞台装置、道具、演者の所作、能面と装束、楽器とお囃子、照明など、演出の全てが極小化の方向に向かっている。

舞台は、本舞台と、その横にしつらえられた橋掛かり。

背景は、本舞台の背景に、松の木が一本絵かがれるのみ。
その年老いた松は、自然全体を表している。

舞台の照明は常に一定で、変わることがない。昼も夜も同じ光で、まして色が変化することもない。

音楽は、3人あるいは4人からなる楽器隊(囃子)と、8名のコーラス(地謡)。どのような演目だろうと、ほぼ常に同じ構成が保たれる。

演者のうち、主役となるシテは、能面を被り、豪華な衣裳を身につけている。
それらの能面や衣裳は、この時代を代表する美術品であり、大変に美しい。
とりわけ衣裳の豪華さは、無の美学に反するように思われるかもしれない。

西行桜
井筒

能面も、余剰の美と呼ばれる美しさをたたえ、わずかな動きで心理的陰影を表現する。

そうした美の裏側で、衣裳や能面は、生身の人間の身体活動を極度に制限する。

豪華な装束は身体の自由を奪い、普段の動きができなくなる。そのために、普通はあまり意識しない身体の部位が活発に活動を始める。例えば、足の裏の感覚が研ぎ澄まされるという。

能面は、視野を狭め、正面の空間の一部しか見えなくする。すると、ギリシア神話の盲目の老人が未来を見通すのと同じように、超人間的な視野を獲得する。現実と同時に、現実ではない世界も見渡せる目。

こうしたことから、ある能の達人は、装束を身につけ、仮面を被ると、役者の自我が失われ、自己を仮面の人物に託すようになると言う。
仮面を顔につける時、面の紐がこめかみを締め付けるために、意識を失いそうになり、トランス状態に入る。現実を離れ、異次元の世界に入り込む感覚。

修行の中では、次の会話もあったという。
長く正座し、足が痛くなったとき、どうすればいいのかと師匠に尋ねる。すると師匠は、その足が自分の足でないと思え、と答える。
この会話は禅問答のようであり、日常的な感覚の停止を示唆している。
自己意識を滅却して、無になること。そうすれば、足の痛みはなくなる。

登場人物たちの所作も、現実の複雑な身振りから余分な動きがそぎ落とされ、いくつかの型に限定される。

例えば、「構え」は、少し膝を曲げ、腰を入れて、重心を下げた姿勢。
「運び」は、足の裏を床の上につけ、腰を上下させずに、水平に歩くこと。
「しおり」は、少し顔を下げて、眉の辺りに手をかざし、涙を流していることを示す動作。

能に登場する人物たちの身振りは、こうしたいくつかの型の組み合わせだけで構成される。

全てを極限にまでそぎ落とし、無に近づける。そのことで、現実でありながら、現実とは違う世界が垣間見える。能は、そうした演出による精神性に基づいている。

無の美学 能と幽玄の美」への2件のフィードバック

  1. dalichoko 2019年9月2日 / 5:13 PM

    とても勉強になりました。いつか近々座禅にも挑戦したいと念じています。
    (=^・^=)

    いいね: 1人

dalichoko にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中