雌猫アカの世界 神秘主義について その1

アカは街角に住む雌の猫。
1月1日、「明けましておめでとう。」と新年の挨拶をする。すると、アカも「ニャア」と答えてくれる。
彼女も人間と同じように、元日の朝は普段より清々しく感じるのだろうか。

でも、アカにとっては、初日の出も、普段の日の出も特別な違いはないだろうなと、考え直す。
猫にカレンダーはないし、もしかしたら朝も昼も夜もないかもしれない。
あるのは、太陽の光の温かさ、空気の冷たさ、空腹等といった体感。近づいてくる人間や、一緒に街角にいる猫仲間に対する好き嫌いの感情。アカはとりわけ嫉妬深い。他の猫が撫でられていると、ひどく嫉妬し、猫パンチを繰り出す。

そんなアカの世界はどのようなものだろう。

アカの世界

アカにはお正月も普段の日も変わりはない。猫にタイムスケジュールはなく、食べたいときに食べ、寝たいときに寝ている(ように見える)。

ただ、何らかの記憶はあるらしい。それを記憶といっていいのかわからないし、過去の出来事がイメージとして残っているのかどうかもわからない。
しかし、抱き上げられるのが嫌いなところを見ると、過去に何らかの出来事があったのだろう。そのために、抱かれることに対する嫌悪感が出来上がったのではないかと思われる。

未来の予測はあるのだろうか。
喉が渇けば水の入った容器のところに行くし、お腹が減れば、餌の置かれた台の上に迷うことなく飛び上がる。水や食べ物がどこにあるのかは記憶していて、その予測の元に行動しているらしい。

そんな様子を見ていると、アカにも過去や未来はあるのではないかと思われてくる。

しかし、彼女の過去の記憶や未来の予測は、人間が意識する過去や未来とは随分と違っている。
人間にはカレンダーがあり、2020年1月1日の日の出はどうだったとか、2020年の4月1日には何をする予定とか、はっきりとした目印がある。
過去、現在、未来という時間の句切れが意識されている。
朝6時に起き、12時には昼ご飯を食べ、夜は8時に夕ご飯というように、時間によって生活のリズムが刻まれている。

では、アカはどうか。
確かに、日が昇れば目を覚まし、その時にお腹が空いていれば、餌を探す。太陽が沈み、辺りが暗くなり、眠くなれば寝る。でも、それを朝とか夜と意識しているのだろうか。
朝の太陽の光と夕方の光の違いを体感しているとしても、それを朝、夕と区別しているだろうか。
アカは眠い時には昼の明るい時でも、小屋の中で尾っぽを丸めてぐっすりと眠っている。
昼の1時に会うとき、ある時はミャーミャーと寄ってきて、撫でて欲しいとおねだりをする。別の時には、こちらを完全に無視する。
時間で何か決まっているということは何もない。時間という意識がまるでない(ように見える)。

アカには感情らしいものがあるし、好きな人が見えれば、時によりけりだが、ニャーニャー鳴きながら、走り寄ることもある。
撫でられて、喉をゴロゴロ鳴らすこともあれば、抱き上げられて、嫌そうに逃げ出すときもある。
個人(?)としての感情があり、人を見分けてもいる。

何かを考えていると思われるふしもある。こちらの足元に身体をすりつけ、注意を引きつけてから、ちょっと離れたところで背中を見せて座る。まるである戦略を練った上で、自分を撫でさせようとしているかのようだ。
別の時には、ふと立ち止まり、こちらを見上げたりする。そんなときには、つい、アカの奴、何を考えているのだろうかと思ったりもする。

しかし、そうした知覚や感情、思考を自分で意識しているとは思えない。
もっと言えば、自分という意識があるようには見えない。
「アカ」と呼ばれると、「ニャー」と答えることもある。でも、自分を呼ばれているとわかっているのかどうかもわからない。
アカと呼ばれる自分がいて、その自分が好きな人には近づき、嫌いな餌には顔を背けるという意識はないだろう。

自分という個体がこちら側にあり、そこから向こう側を眺めると、いつもやって来るオジサンやオバサンという客体がいる、という構図は成り立たない。
アカはアカであることを意識せず、ただ、「この場の今」を生きている。
外から眺めると、アカとオジサンやオバサンは個々の存在だけれど、アカの内的世界では、そうした分離は感じられないのではないだろうか。

分離が発生するのは、私という自己意識が生まれ、そこを視座にして外の世界を眺めるという構図が生まれる時。
とすれば、アカは、自分と外部世界が分離していない、「自他未分離状態」にあると考えることができる。

「自他未分離状態」における時間を考えてみると、そこには過去/現在/未来の分割はなく、その時その時の今だけがある。
今は、終わるとか、これから先などの区分がなく、今でしかない。そして、その今が生きている限り続いていく。
過去の記憶もなく、未来の予測もなく、ただ今があるだけ。
その今は、見方によれば瞬間だし、別の見方をすれば永遠ということにもなる。
「永遠の現在」と呼ぶこともできるだろう。

自己意識を持たないアカは、今だけを生きている。
五感を働かせて、見、聞き、嗅ぎ、触り、味を識別する。好悪の感情もあり、人間に愛情を求める仕草もする。
それらは確かにアカという個体の雌猫の行動だが、しかし、アカの内的な世界では、ただ生きているというだけのこと。
それがまさに「生きる」ということだろう。

雌猫アカの世界 神秘主義について その1」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中