ジブリ・アニメの中の自然

ジブリのアニメの中で、自然が大きな役割を果たしていることはよく知られている。そこで、日本における自然の概念と合わせて、「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」を通して、宮崎駿監督の描く自然について考えてみよう。

宮崎監督は、「海外の記者が宮崎駿監督に問う、『もののけ姫』への四十四の質問」と題されたインタヴューの中で、アニメの中の自然はについて、次のように答えている。

現実の森を写生したものではなく、日本人の心の中にある、古い国が始まる時からあった森を描こうとした。(『ジブリの教科書10 もののけ姫』)

心の中にある森は、日本人の信仰とも関係している。

日本人の神様ってのは悪い神と善い神がいるというのではなくて、同じひとつの神があるときには荒ぶる神になり、あるときには穏やかな緑をもたらす神になるというふうなんですね。日本人はそういうふうな信仰心をずっと持ってきたんですよ。しかも、現代人になったくせにまだどこかで、いまだに足を踏み入れたことのない山奥に入っていくと、深い森があって、美しい緑が茂り、清らかな水が流れている夢のような場所があるんじゃないかという、そういう感覚をもっているんですね。そして、そういう感覚を持っていることが、人間の心の正常さにつながっているような気がしています。(・・・)それは一種の原始性かもしれませんが、人間が生きるために自然環境を保護しようという以前に、自分たちの心の大事な部分に森の持つ根源的な力みたいなものが生きている民族性でもあるんですよ。(『清流』1997年8月号)

そうした森や自然が、ジブリ・アニメの中ではどのように描かれているのだろうか。

日本的自然

元来、日本人の自然観は、ヨーロッパ的な自然観とはまったく違っていた。

Natureは、自己に対する客体であり、私という存在と対比的・相対的に存在する。それは人間にとってソトの世界である。従って、私と他との二元論の上に成り立ち、人間と対峙するものである。

他方、日本人の自然観に対立意識はあまりない。むしろ、人と自然は親しい関係にあり、母なる大地という表現で言い表させるような、身内的な存在と感じられる。
自然は決して対立する存在ではなく、共生する存在。もっと言えば、人間は自然の中に住まわせてもらっている。そんな感覚がある。

Natureと自然のこうした違いには、はっきりとした理由がある。
実は、日本には、海や山、花や木々、空や山等を総括する言葉は存在していなかった。古くから、山川草木、山河大地という言葉が用いられ、花や草等が和歌や俳句の中で歌われてきたのだった。

その後、明治時代になり、英語のNatureを翻訳する際に、自然という言葉が選ばれ、様々な風景が自然という概念で理解されるようになった。現在私たちが当たり前だと思っている自然という言葉の意味は、外来語の意味に近い。

では、本来の日本語では、自然はどのような意味なのだろうか。
禅研究の専門家である鈴木大拙によれば、自然とは「自ずから然る」という意味だった。その言葉は、他からの働きかけによって動かされるのではなく、自分本来のものがそのままなるようになる、ということを示していた。
主体と客体の対立も、相対主義も、二元論的な区分もなく、自他の対峙を超克した自があるだけで、主客が対立した世界におけるソトの世界=自然ではないということになる。(『東洋的な見方』)

現在でもそうした日本古来の自然観が、翻訳語の自然という言葉に内在し、私たちは自然(しぜん)を前にして、「自ずから然る」的な感じを感じ続けていると思われる。つまり、私たちの中に内なる自然を感じると同時に、自然と共生しているようにも感じている。

その現れとして、日本人が思わずしてしまういくつかの行動がある。

高い山に登山をし登頂したとき、ヨーロッパ人であれば山を征服したと言い、頂上に国旗を立てたりするだろう。
それに対して、日本人であれば、無事に登頂できたことを山の神に感謝し、持っている食料をお供えものとして捧げたりするかもしれない。そのことは、自然が命をもっているように、私たちが感じていることを示している。
キリスト教徒は神に食物を捧げることはないし、自然の事物に生命を感じ取り、人間に対するのと同じように接することはない。

フランスの詩人ポール・クローデルは、日本に大使として数年間滞在し、その印象を綴り、日本人が自然の至る所に神を見出すことに驚いている。(『朝日の中の黒い鳥』)
実際、山の中のちょっとした岩の裂け目とか、神社の木とか、至る所にお供え物があったりする。また、小さなお地蔵様も数多く、お菓子やみかん、リンゴなど、お供え物が常に添えられている。

上野誠によれば、多神教ではあらゆる事物が神となりえ、日本は無限に神が生まれ続ける文化構造を持つとしている。木があれば木が神になり、森があれば森が神になる。そこにある自然は、人為や精神と対立するnatureではなく、「モノにも心があると考える古代思想」に基づく、生きた自然なのである。(『日本人にとって聖なるものとは何か』)

宮崎駿監督も、森が精神的な意味を持っていた時代が日本にはあったという。そうした時代の森では、踏み込んだときに不思議な感じがし、誰かが後ろから見ているような、どこかから音が聞こえてくるような「気配」を感じるという。その気配は、自然が生きている印、自然の生命力の現れにほかならない。

日本的自然には、人間と同じ生命が息づいているといっていいだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中