ポール・ヴァレリー 「海辺の墓地」 Paul Valéry « Le Cimetière marin » 3/4

第10詩節から第19詩節にかけて、墓地に眠る死者たちに関する瞑想を中心に、現実と不在、個と普遍、肉体と精神に関する問いかけが行われる。
10詩節60行に及ぶ詩句は安易に理解できるものではなく、理解するためには精神の集中が必要になる。

まず最初に、詩句の音楽性を感じるため、もう一度youtubeで朗読を聞いておこう。(第10詩節は、4分35秒から。)

第10詩節では、再び、「私=海(統一体)」の場が取り上げられ、墓のある風景の中で、死と生を巡る思索が繰り広げられる。

Ferme, sacré, plein d’un feu sans matière,
Fragment terrestre offert à la lumière,
Ce lieu me plaît, dominé de flambeaux,
Composé d’or, de pierres et d’arbres sombres,
Où tant de marbre est tremblant sur tant d’ombre;
La mer fidèle y dort sur mes tombeaux !

堅固で、神聖、非物質的な火に満ち、
光に捧げられた、地上の断片、
この地を私は好きだ。松明に覆われ、
黄金と石と暗い木々で構成され、
多くの大理石が、多くの影の上で震えている。
忠実な海が、私が目をやる墓の上で眠っている。

最初の2行は、この地(ce lieu)と同格になる断片(fragment)が、どのようなものか提示する。
神聖(sacré)であり、そこに当たる火(feu)は、物質性を持たない(sans matière)。
こう言ってよければ、天の光(lumière)に捧げられている(offert)。

他方で、その墓地は地上的でもある。松明の炎(flambeaux)のような地上の光、石や木々がそこここにある。黄金も墓の装飾の金箔かもしれない。
そして、数多くの大理石の像がその数だけの影を作り出している。

Tant de marbre, tant d’ombreと’tant’の音と’bre’の音を繰り返すことで、数の多さと同時に、像の数だけ影があると、音が伝えている。
しかも、’t’, ‘r’, ‘en’, ‘b’の音は、tremblantにも含まれ、反復がさらに強調される。
tant de marbre, tremblant, tant d’ombreを声に出してみると、その効果がはっきりと感じられる。

そうした多くの墓の向こうには、常に海が見えている。
海が忠実というのは、墓地の彼方に常に見えるというだけではなく、« La mer, la mrer, toujours recommencée »(海、海、常に繰り返される海)という極めて美しい詩句を参照し、波の絶え間ない動きを思い起こさせる役割も果たしている。

その反復によって、現実=時間が非現実=永遠と一つになる。

第11詩節では、突然、雌犬が姿を表す。

Chienne splendide, écarte l’idolâtre !
Quand, solitaire au sourire de pâtre,
Je pais longtemps, moutons mystérieux,
Le blanc troupeau de mes tranquilles tombes,
Éloignes-en les prudentes colombes,
Les songes vains, les anges curieux !

光に満ちた雌犬よ、偶像崇拝者を遠ざけよ!
一人、牧人の微笑みを浮かべ、
私が、長い間、神秘の羊たち、
静謐な墓の白い群に餌を与えている時、
そこから遠ざけよ、用心深い鳩たちを、
虚しい夢を、知りたがり屋の天使たちを。

墓の間に、突然、雌犬(chienne)が姿を現す。
この犬を海のことだと深読みする読者もいるが、素直に、墓地を徘徊する犬だと考えたい。

墓石(tombes)が不動であれば、犬は動く存在。
「私」は、墓石を羊(moutons)に見立て、群(troupeau)を牧草につれて行き、草を食べさせる(paître)牧人(pâtre)。

羊たちはメーメーと鳴くが、墓石は静かに佇んでいる。そのために墓石という羊は神秘的に感じられる。
その羊(=墓石)たちの間を、牧羊犬が動き回る。

「私」はその牧羊犬に、最初、偶像崇拝者(idôlatre)を遠ざけるように命じる。
偶像崇拝とは、太陽や山、海など自然の事物だけではなく、キリストやマリアの像などの現実の事物を神として崇めること。

羊の群から偶像崇拝者を遠ざけるとは、現実と神の世界の二元性を認めた上で、現実を神に見立てる思考を捨てるようにという意味に解することができる。

Emmanuel Durant, Dieu-Trinité

鳩(colombe)、夢(songe)、天使(ange)を遠ざけるとは、何を意味するのか?
鳩は用心深く(prudent)、夢は虚しく(vain)、天使は好奇心が強い(curieux)。

現実的なレベルで考えると、鳩は、墓に舞い降り、餌をついばみながら墓の間を歩き回る。犬が寄ってくれば、さっと飛び立つ用心深さを持っている。

「海辺の墓地」の冒頭でのように、目の前の海を神殿の屋根と見なせば、鳩は海に浮かぶ帆船の隠喩だと考えられる。

空から舞い降りる鳩を見ながら、天使を思い浮かべることも可能だろう。colombeという言葉は、キリスト教では精霊のシンボルでもある。
好奇心が強いという形容は、鳩たちがあちこちと歩き回る様子を連想させる。

では、鳩とともに、天使とともに、なぜ虚しい夢が群から遠ざけられないといけないのか。

ポール・ヴァレリーは「テスト氏」に関する文章の中で、「信念と偶像とに対する軽蔑、安易に対する嫌悪」(小林秀雄訳)について語っている。
「虚しい夢」とは、目の前に置かれた物質的な像を、安易に神と思い込むこと=信念だろう。
「テスト氏」の作者は、「正確に対する限りない欲望、己れの極限を嗅ぎつける感覚力」を持つことを自負している。
とすれば、目に見える次元と目に見えない次元を二元論的に分割し、その前提に立って見えるものを見えないものの象徴として見立ててる夢も、虚しいものと見なされるだろう。

第12詩節。全てが精気(essence)となり、生(vie)がむき出しにされる。

Ici venu, l’avenir est paresse.
L’insecte net gratte la sècheresse;
Tout est brûlé, reçu dans l’air
À je ne sais quelle sévère essence…
La vie est vaste, étant ivre d’absence,
Et l’amertume est douce, et l’esprit clair.

ここに来ると、未来は怠惰だ。
純粋な昆虫が、乾燥をひっかく。
全ては燃え、空中に受け取られる、
何かわからない厳密な精気となり。。。
生は広大で、不在に酔いしれている。
苦さは甘く、精神は明瞭だ。

南フランスの墓地。正午の太陽に全てが焼かれ、たとえ海辺だろうと、からからに乾燥している。そんな中、ゼミが激しく鳴き、「私」の精神が共鳴する。
そんな場面を思い描くと、第12詩節の詩句を理解しやすくなる。

ここ(ici)、つまり海辺の墓地は、死者たちが眠る処。彼等の時間は止まっている。現在も未来(avenir)も変わることはない。従って、怠惰(paresse)ということになる。

停止した時間は、あえて言えば、正午ジャスト(Midi le juste)。
その時、昆虫が乾燥をひっかく。どういう意味だろう?

昆虫(insecte)がどの虫なのか必ずしも特定する必要はないかもしれないが、南フランスであれば、セミを思い浮かべるのが自然だろう。
空気が乾燥し、海辺とはいえ、墓地の乾いている。そこにセミの鳴き声が響く。
ひっかく(gratter)は、弦楽器の弦を弾いて出す音を連想させる。
昆虫を形容する、純粋な、混じりけがない(net)という言葉は、虫が奏でる明瞭な音、晴朗な音楽を思わせる。

正午の太陽はそこにあるもの全てを焼きつけ、現実の物質が目に見えない生気(essence)の中に蒸発していく。

そうした状態こそがまさに「生(vie)」である。
物質は世界の半面であり、精神も世界の半面。生はその二つの面から成り立つ。存在は不在(absence)に裏打ちされている。
だからこそ、生は広大であり、有限であると同時に、無限の広がりを持つ。

そこでは、矛盾は矛盾ではない。苦いは甘い。
それを意識できる精神(esprit)は、明晰(clair)だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中