ボードレール 「腐った屍」 Baudelaire « Une Charogne » 奇妙な恋愛詩

ボードレールの「腐った屍(Une Charogne)」は、とても奇妙な恋愛詩。

恋人と二人で道を歩いているとき、一匹の動物の腐った死骸を見る。蛆がたかり、肉体は崩れかけている。
そのおぞましい光景を描きながら、愛の歌にする。

どうしてそんなことが可能なのだろう?

死について語り、時間が限られているのだから、まさに今、私の愛に応えてくれと訴える恋愛詩の伝統がある。
それは、16世紀に作られたバロックの詩。

古代ローマの時代から、モメント・モリ(momento mori)という思想があった。「自分が死ぬことを忘れるな」とか「死を思え」という意味。

骸骨の描かれている絵画があるが、その骸骨は人生の儚さを象徴し、死を常に思い出させるものだった。

Philippe de Champagne. Vanitas

こうしたモメント・モリの思想は、今を楽しみ充実させろという、カルペ・ディエム(Carpe Diem)の思想と繋がる。

カルペ・ディエムは、古代ローマの詩人ホラティウスの詩句「明日のことは考えず、その日の花を摘め」に由来する。
16世紀フランスの詩人ロンサールも、「愛しい人よ、さあ、バラを見に行こう。」などの詩の中で、朝美しいバラも夕方には枯れてしまうと歌いながら、愛する人に、今、彼の愛に応えてくれるように懇願する恋愛詩を書いている。
https://bohemegalante.com/2019/03/09/ronsard-mignonne-allons-voir/

「腐った屍」は、バロック的な恋愛詩の伝統に基づき、街路に野ざらしにされ、腐ってボロボロになった動物の屍を見て、愛する女性に向け、君もいつかこうなるだろうと、臆面もなく書く。

その上で、その姿を詩の中に留めることで、自分の愛の精髄が永遠になると歌う。つまり、究極の愛の歌。

美しい対象を美しい言葉で綴る伝統的な詩に反逆し、醜い対象を取り上げ、詩の美を作り挙げる新しい美学を創造する。それが、「腐った屍」におけるボードレールの挑戦だった。

まず、全体を音声でたどってみよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中