ボードレール 「腐った屍」 Baudelaire « Une Charogne » 奇妙な恋愛詩

ボードレールの「腐った屍(Une Charogne)」は、とても奇妙な恋愛詩。

恋人と二人で道を歩いているとき、一匹の動物の腐った死骸を見る。蛆がたかり、肉体は崩れかけている。
そのおぞましい光景を描きながら、愛の歌にする。

どうしてそんなことが可能なのだろう?

死について語り、時間が限られているのだから、まさに今、私の愛に応えてくれと訴える恋愛詩の伝統がある。
それは、16世紀に作られたバロックの詩。

古代ローマの時代から、メメント・モリ(memento mori)という思想があった。「自分が死ぬことを忘れるな」とか「死を思え」という意味。

骸骨の描かれている絵画があるが、その骸骨は人生の儚さを象徴し、死を常に思い出させるものだった。

Philippe de Champagne. Vanitas

こうしたメメント・モリの思想は、今を楽しみ充実させろという、カルペ・ディエム(Carpe Diem)の思想と繋がる。

カルペ・ディエムは、古代ローマの詩人ホラティウスの詩句「明日のことは考えず、その日の花を摘め」に由来する。
16世紀フランスの詩人ロンサールも、「愛しい人よ、さあ、バラを見に行こう。」などの詩の中で、朝美しいバラも夕方には枯れてしまうと歌いながら、愛する人に、今、彼の愛に応えてくれるように懇願する恋愛詩を書いている。
https://bohemegalante.com/2019/03/09/ronsard-mignonne-allons-voir/

「腐った屍」は、バロック的な恋愛詩の伝統に基づき、街路に野ざらしにされ、腐ってボロボロになった動物の屍を見て、愛する女性に向け、君もいつかこうなるだろうと、臆面もなく書く。

その上で、その姿を詩の中に留めることで、自分の愛の精髄が永遠になると歌う。つまり、究極の愛の歌。

美しい対象を美しい言葉で綴る伝統的な詩に反逆し、醜い対象を取り上げ、詩の美を作り挙げる新しい美学を創造する。それが、「腐った屍」におけるボードレールの挑戦だった。

まず、全体を音声でたどってみよう。

「腐った屍」は、4行詩が12詩節連なって成立している。
内容的に分類すると、5つのブロックに分けることができる。

1−4:死体の外見的な様子
5−7:ハエや蛆などがたかる様子
8: 美学の提示
9: 雌イヌの視点
10−12:愛する人へのメッセージ

まず、第1−4詩節を読んでみよう。

Rappelez-vous l’objet que nous vîmes, mon âme,
Ce beau matin d’été si doux :
Au détour d’un sentier une charogne infâme
Sur un lit semé de cailloux,

あれを思い出してくれ、二人で見たあれ、我が魂の人よ。
美しく、穏やかな夏の朝のこと。
小径の曲がり角にあった、おぞましい死体、
小石を敷き詰めた舗道の上の。

Les jambes en l’air, comme une femme lubrique,
Brûlante et suant les poisons,
Ouvrait d’une façon nonchalante et cynique
Son ventre plein d’exhalaisons.

足を空中に投げ上げ、淫らな女のよう。
身を焦がし、毒気の汗をにじませ、
無頓着でありながら、皮肉っぽく開くのは、
臭気に満ちた腹。

Le soleil rayonnait sur cette pourriture,
Comme afin de la cuire à point,
Et de rendre au centuple à la grande Nature
Tout ce qu’ensemble elle avait joint ;

太陽が、腐敗した遺骸の上で輝いていた。
食べ頃に焼くかのように。
そして、偉大な「自然」に、百倍にして返すためであるかのように、
自然が一緒にした全てのものを。

Et le ciel regardait la carcasse superbe
Comme une fleur s’épanouir.
La puanteur était si forte, que sur l’herbe
Vous crûtes vous évanouir.

空がじっと眺めていた。素晴らしい死体が、
一本の花のように花開くのを。
あまりのひどい臭いのため、草の上で、
お前は気を失うと思うほどだった。

二人が見たのが見たのは、何の死体なのだろうか。
ボードレールと同時代の画家オノレ・ドーミエは、犬を描いている。

Honoré Daumier, Baudelaire avec une charogne

詩人は愛する女性に、一緒に見たもの(l’objet)を思い出してくれと呼びかける。それを見たのは、夏の美しい朝。
本来であれば、それは美しい対象であるはず。しかし、彼が口にするのは、屍。そこには「おぞましい(infâme)」という形容詞が付けられている。
腐って、悪臭を放っているのだろう。

その醜い屍に、ボードレールはエロティシズムの要素を付加する。
倒れ、足を上げている姿が淫らな(lubrique)女に似ているとし、熱や汗、臭気など、触覚や臭覚を通して、人間の肉体を刺激する要素を言葉にしていく。
汗として発汗する毒(poisons)は、人間を酔わせ、興奮させ、人工楽園に導く薬物を思わせる。

その屍を、ボードレールは、腐敗物(pourriture)、骨の塊(carcasse)と呼び、臭いのひどさのために、愛する人は気絶したと思えるほどだったと、思い出を綴る。

この連想で興味深いのは、二人で見た対象に向けられた視線である。
最初は「おぞましい屍(une charogne infâme)」と名指されたものが、淫乱な女と比喩された後、腐ったもの(pourriture)ではあるが、偉大な自然の被造物の一つであることが暗示される。つまり、その屍も元をたどれば自然の産物であり、腐敗して分解されれば、元の自然へと戻って行く。
そして、最後に、「素晴らしい死体(la carcasse superbe)」と呼ばれ、花開く。

美しい対象であれば、人をその香気で酔わせる。他方で、屍は、腐った臭いで、彼女を失神させた。そのいずれにせよ、臭覚が働き、人を忘我へと導く。
醜も、美と同様に、人を酔わせ、恍惚へと導くことが、このようにして暗示される。

ボードレール 「腐った屍」 Baudelaire « Une Charogne » 奇妙な恋愛詩」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。