絵画を見る目のレッスン 2/2

一人の画家でも、キャリアを通して、描くタッチはかなり変化する。画家の気質が絵画の根底を貫いているとすると、時代による様式の変化等に応じて、対象は同じだとしても、絵画が生み出す印象はかなり違うこともある。

以下の二枚の静物画、一方は初期に、他方は後期に描かれたもの。「花」として見るのではなく、「絵具の動き」として見れば、あまりの違いに驚くかもしれない。

画家の名前を忘れ、ただ目の前に展開する絵具の運動として見てみたい。

1862
1866
1866
1868
1868-69
1871
1873
1877
1879
1879
1881-82

二人の画家によって、ほぼ同じ時代にほぼ同じ対象を描いた2枚の絵画。気質の違いがはっきりとわかる。
では、(1)と(2)で、どちらがこれまで見てきた画家の作品だろう。

正解は(2)。


画家の名前は、エドワール・マネ。

アンリ・ファンタン=ラトゥールの「バティニョルのアトリエ」の中では、絵筆を持つマネの姿が描かれている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中