ジャン・ジャック・ベネックス監督の死

2022年1月13日、ジャン・ジャック・ベネックス監督が75歳で死去した。
そのニュースを伝えながら、「ル・パリジアン」では監督のキャリア全体を振り返っている。
https://www.leparisien.fr/culture-loisirs/disparition-le-realisateur-jean-jacques-beineix-est-mort-a-75-ans-14-01-2022-ZZS4VRXLCVGSFIAN3MMEUV27YU.php

ベネックス監督の代表作「ディーバ(Diva)」はスタイリッシュでとにかく格好よく、「ベティ・ブルー(37°2 le matin)」は激しい情熱恋愛(パッション)が全てを美しく燃焼する映画だった。

ディーバ Diva ジャン・ジャック・ベネックス監督のスタイリッシュな傑作
ベティ・ブルー 37º2 Le Matin 激しく美しい愛の物語
この二つの作品は、いつ見ても、素晴らしい。

2022年1月15日 モリエール生誕400年

モリエールは、1622年1月15日に生まれ。2022年1月15日は、彼の生誕400年にあたる。
そのことは文化省(Ministère de la Culture)のホームページにも記され、今年一年、モリエール関係の様々な催しが予定されている。
https://www.culture.gouv.fr/Actualites/400e-anniversaire-Moliere-notre-contemporain

フランスでは今でもモリエールの芝居が数多く上演され、400年前に書かれた言葉のまま人々に理解され、親しまれている。
1622年と言えば、日本では江戸時代の初期。当時の言葉は今では理解が難しいことを考えると、現代のフランス語が17世紀にほぼ出来上がっていたことが理解できる。

また、一人の作家が大きなイベントとして扱われることは、文化(culture)が現在でもフランス社会の中で意義を保っていることを示しているといってもいいだろう。

続きを読む

コロナウイルスのデータを客観的に提示する

コロナウイルスに関して、感染者の数だけが一人歩きすると思われる状況も見られる。フランスでは、ギヨーム・ロジエ(Guillaume Rozier)というエンジニアが、Covid Trackerというサイトを立ち上げたおかげで、誰でもすぐに客観的なデータで状況を確認することができる。
https://covidtracker.fr/covidtracker-world/

2021年1月12日のQuotidienでは、ギヨーム・ロジエのインタヴューがあり、フランスでも役所がデータを出したがらない現状が語られる。その一方で、オミクロンに関する客観的なデータをグラフの形で見ることができる。

Jeudi, les enseignants seront dans les rues pour protester contre le protocole sanitaire mis en place dans les établissements scolaires. Mais ils ne sont pas les seuls à critiquer la politique du ministre de l’Éducation, Jean-Michel Blanquer. Guillaume Rozier, fondateur de Covid Tracker, outil devenu indispensable au suivi de l’épidémie de Covid en France, utilisé aussi bien par les particuliers que par les médecins et même les membres du gouvernement, en fait partie. Pour cause, depuis plus d’un an, pour affiner ses statistiques, Guillaume Rozier réclame au gouvernement les chiffres des écoles. En vain.

続きを読む

パリ コンコルド広場のオベリスク Obélisque de la Concorde à Paris

コンコルド広場のオベリスクに新たな装飾が施されている機会に、オベリスクの歴史やそれにまつわるエピソードを紹介している。

Tout ce que vous ignoriez sur l’Obélisque de la Concorde

Avant d’accueillir les JO de 2024, la place de la Concorde offre un petit coup de jeune à son célèbre obélisque. L’édifice, offert par l’Égypte en 1830, est actuellement en cours de rénovation, l’occasion pour Ambre Chalumeau de nous en dire un peu plus sur ce monument que tout le monde connaît, mais dont personne, à part Stéphane Bern peut-être, ne sait rien.

Ultracrépidarianisme (信頼に足る知識がないにもかかわらず、自分の意見を主張すること) 「私は医師ではないけれど、でも・・・」

コロナの流行以来、フランスでも、専門家ではない人々が、メディアで、「私は医師ではないけれど、しかし・・・。」と言いながら、自分の意見を大きな声で主張する傾向がしばしば見られる。
そうした現象をフランス語では、Ultracrépidarianismeと言うらしい。

ces experts autoproclamés du Covid portent un nom

« Je ne suis pas médecin, mais… » : cette phrase, on l’entend partout à longueur de journée depuis le début de la pandémie. Sur les chaînes d’infos, les réseaux sociaux, au travail et même en famille. En revanche, le phénomène semble avoir fait son temps dans les discours politiques.
En 2020, au tout début de la pandémie, chacun y allait de son avis, avec plus ou moins de succès. C’est peut-être ça qui les a poussés à à l’humilité.

続きを読む

8歳の天才ピアニスト ギヨーム・ベノリエル

幼い頃から天才ピアニストとしてフランスで知られていたギヨーム・ベノリエル君が、2021年12月、ロシアで行われた若手の音楽コンクールで、ファイナリストに残ったというニュース。

À huit ans, Guillaume Bénoliel, originaire de Draveil (Essonne), est un jeune pianiste qui commence à se faire un nom. Il vient d’être finaliste d’un concours prestigieux en Russie.

モナリザの贋作が競売に

17世紀に作成されたモナリザの贋作が競売にかけられるというニュース。本物から1世紀後に描かれた偽物なので、現在の本物の状態よりも本物の色彩に近いかもしれないということで、どれだけの価格で落札されるのだろう。

Une copie de la Joconde aux enchères

続きを読む

COP26 環境問題の難しさ

環境問題を話し合う国際会議COP26は重要な会議ですが、参加した国家の首脳たちを乗せた飛行機は400機に上り、13.000トンのCO2を排出したという。こうした矛盾は、環境問題の難しさを如実に物語っているといっていいだろう。

Jets privés, convois XXL : le lourd bilan carbone de la COP26

120 dirigeants du monde d’entier se réunissent en ce moment à la COP26, la grande conférence pour le climat, à Glasgow, en Écosse. Tous veulent montrer qu’ils se soucient de l’avenir de la planète, mais tous ou presque ont fait le déplacement en… jets privés. 400 avions ont atterri en Écosse depuis le début de la conférence, ce qui équivaut à 13 000 tonnes de CO2.