サン・テチエンヌ・デュ・モン教会 Église Saint Etienne-du-Mont

パリの守り神、聖ジュヌヴィエーヴ。その聖女の名前がついた聖ジュヌヴィエーヴの丘に、サン・テチエンヌ・デュ・モン教会は立っている。

この教会の最も大きな特色は、見事なジュベ(Jubé 内陣仕切り)が残っていること。ジュベの役割は、聖職者と俗信徒の席を仕切ることにあった。フランス革命以降、席の区別をなくすため、多くの教会はジュベを取り払った。

パリでは、サン・テチエンヌ・デュ・モン教会だけで、石のジュベを見ることができる。

この教会には、17世紀のフランス文学・哲学を代表する二人の人物が葬られている。ジャン・ラシーヌとブレーズ・パスカル。

黄金に輝く聖ジュヌヴィエーヴの祭壇や聖遺物箱も、他の教会では見ることができないものである。

教会建築そのものだけではなく、ステンドグラス、彫刻、絵画、パイプオルガン等、どれも歴史の香りを感じさせてくれる。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Église_Saint-Étienne-du-Mont_de_Paris

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中