These foolish things (remind me of you) 思い出のたね 

These foolish things (remaind me fo yo) は、1935年にロンドンで上演されたミュージカル”Spread It Abroad”の挿入歌。
他の人から見たらどうでもいいものでも、自分にとっては大切な思い出、ということはよくある。
題名にfoolishとあるのがとても効いている。だいたい自分のこだわりなんて、foolishなものだ。

エラ・フィッツジェラルドがオスカー・ピーターソンのピアノをバックに歌うものは、しっとりしていて、一人で静かに物思いに浸る感じが心地いい。

Oh will you never let me be?
Oh will you never set me free?
The ties that bound us are still around us
There’s no escape that I can see
And still those little things remain
That bring me happiness or pain

A cigarette that bares a lipstick’s traces
An airline ticket to romantic places
And still my heart has wings
These foolish things remind me of you
A tinkling piano in the next apartment
Those stumblin’words That told you what my heart meant
A fairground’s painted swings
These foolish things
Remind me of you
You came
You saw
You conquered me
When you did that to me
I knew somehow this had to be
The winds of March That made my heart a dancer
A telephone that rings But who’s to answer
Oh, how the ghost of you clings
These foolish things
Remind me of you

First daffodils
And long excited cables
And candle lights
On little corner tables
And still my heart has wings
These foolish things remind me of you
The park at evening
When the bell has sounded
The Isle de France
With all the gulls around it
The beauty that is spring
These foolish things
Remind me of you
How strange
How sweet
To find you still
These things are dear to me
They seem to bring you near to me
The sigh of midnight trains
At empty stations
Silk stockings thrown aside
Dance invitations
Oh how the ghost of you clings
These foolish things
Remind me of you

Gardenia perfume
Lingering on a pillow
Wild strawberries
Only seven francs a kilo
And still my heart has wings
These foolish things
Remind me of you
The smile of Garbo
And the scent of roses
The waiters whistling
As the last bar closes
The song that Crosby sings
These foolish things
Remind me of you
How strange
How sweet
To find you still
These things are dear to me
They seem to bring you near to me
The scent of smoldering leaves
The wail of steamers
Two lovers on the street
Who walk like dreamers
Oh how the ghost of you clings
These foolish things
Remind me of you

https://www.letras.mus.br/ella-fitzgerald/359593/

楽器だけだと、アート・ペッパーのヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ。
ピアノのジョージ・ケーブルス、ドラムスのエルヴィン・ジョーンズ、ベースのジョージ・ムラーツもいい。
でも、何といっても、ペッパーのテナー。
77年のこのライブが、ペッパーの頂点だったような気がする。

ジャズ・ヴァイオリンのステファン・グラッペリが、ミッシェル・ペトルチアーニと競演している演奏もある。

カウント・べーシーとオスカー・ピーターソンが競演した演奏は、なぜかとても軽くて、明るい雰囲気。
思い出すyouって、別れた恋人じゃなくて、ただの友だち?

カッサンドル・ウイルソン。
悪くないだろうけれど、foolish thingsを見て、あなたのことを思ってしまうという気持ちが、イマイチ伝わってこない。

最後は、ビリー・ホリデー。
幾つかの演奏を聞き比べてみると、この歌手の歌詞の対する深い理解がはっきりと感じられ、素晴らしさがよくわかってくる。

そして、ビリー・ホリデーが出てきたら、やっぱりレスター・ヤングも聞かないと。
心に滲みるThess foolish things !

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中