ヴィクトル・ユゴー 「この花をあなたのために摘みました」 Victor Hugo « J’ai cueilli cette fleur pour toi… » 人間と自然と愛と

「この花をあなたのために摘みました」(« J’ai cueilli cette fleur pour toi… »)は、ヴィクトル・ユゴーが愛人のジュリエット・ドルエに捧げた詩。
詩の最後に、「サーク島、1855年」と記されているが、原稿は1852年の日付があり、詩の背景となったのは、ユゴー一家が亡命したばかりのジャージー島だと思われる。

ユゴーは、その島の中を散策し、海に突き出た岬で見つけた花を詩の中心に据え、ジュリエットへの愛を歌った。

その詩の中で描かれる自然は、ユゴーの世界観を密かに垣間見させてくれる。

1行は12音節(アレクサンドラン)。
韻は同じ音が2度続き、次の韻に移行する平韻(AABB)。
島の切り立った岬の斜面で花を摘むところから、そこに広がる自然の光景が、目に入る順番に、次々と語られていく。

J’ai cueilli cette fleur pour toi sur la colline.
Dans l’âpre escarpement qui sur le flot s’incline, 
Que l’aigle connaît seul et peut seul approcher, 
Paisible, elle croissait aux fentes du rocher.

この花を あなたのために 丘の上で摘みました。
険しい断崖が、大浪の上に傾きかかり、
鷲だけが知り、鷲だけが近づくことができる、
その断崖の割れ目の間で、静かに、その花は大きくなっていました。

英仏海峡の高い波に洗われる岬の先端。その斜面は鷲しか近づくことができないほど険しい。
第3詩行で、鷲「だけ(seul)」という言葉が反復され、人間を寄せ付けない厳しさが強調される。

そうした険しい場所でありながら、摘まれた花は穏やかで、丘の情景との対照が際立っている。

この冒頭の4行の後、ユゴーは摘んだ花に関する記述をするのではなく、目に入る周囲の自然の情景を描いていく。

L’ombre baignait les flancs du morne promontoire ;
Je voyais, comme on dresse au lieu d’une victoire
Un grand arc de triomphe éclatant et vermeil, 
À l’endroit où s’était englouti le soleil, 
La sombre nuit bâtir un porche de nuées.
Des voiles s’enfuyaient, au loin diminuées ;
Quelques toits, s’éclairant au fond d’un entonnoir, 
Semblaient craindre de luire et de se laisser voir.

影が、どんよりとした岬の斜面を覆っていました。
私の目に入ったのは、勝利の場所にすっと立ち上がるような、
大きな凱旋門が赤く輝く姿。
太陽が呑み込まれたあの場所です。
暗い夜が、雲の玄関ポーチを構築するのも見えました。
何艘もの帆船が逃げ去り、彼方で小さくなっていきました。
いくつかの家の屋根が、漏斗の形のくぼ地の奥で輝いていましたが、
光を放ち、姿を見られれるのを、恐れているようでした。

夕闇が迫り、周囲は暗くなる。太陽は既に沈み、暗い夜がやってくる。
こうして世界が闇に包まれていく間に、「私」の目に入る光景がある。

最初に見えるのは、太陽が沈んだ場所に浮かび上がる大きな凱旋門。それが何なのかよくかわからない。とにかく、ユゴーの目には、赤く輝く勝利の建造物が見えたのだろう。
では、この情景が意味するものは何か?
それは、自然の動きである。
太陽は沈み、視界から消え去る。しかし、それは決して最終的な消滅や破壊ではなく、別の何かが生成する。死の後には再生が続く。自然の生が絶えることはなく、なんらかの形で続いていく。
しかも、花を摘んだ断崖の風景の中で、ユゴーは、太陽の位置に凱旋門を浮かび上がらせ、勝利をイメージさせる。

次いで、太陽が沈んだ後の暗い夜の間に、雲が形作る玄関ポーチが作り出される。
闇は死の時ではなく、創造の時と見做される。

他方で、人工物は、太陽が沈んだ後では、夜の闇に包まれ、消滅の方向に向かう。
帆船は島から離れ、小さくなっていく。
家々に点る灯は、遠慮がちに感じられる。

こうした大自然と人工物の対比は、ユゴーの自然観の理解を深めさせてくれる。
自然の生命は昼から夜へ、夜から昼へと循環し、様々に形を変えながら、永遠に続いていく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中