日本における自然観と美意識 もののあわれ

日本的な感性は自然の移り変わりに敏感であり、春は桜を楽しみ、秋は紅葉に感嘆する。その際、桜や紅葉がいつまでも咲き続けることを望むのではなく、それらが束の間の美であることに強く心を動かされる。

ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ 

『古今和歌集』に収録された紀貫之のこの和歌は、桜の花と人の心の対応、過ぎ去る時間に対する意識、和歌全体を貫くしみじみとした抒情性など、日本的な美意識の一つの型を見事に表現している。

まず最初に、平安時代までに成立したと考えられるこうした美意識の基底には、どのような自然観があるのか考えてみよう。

葦牙(あしかび)

日本で最初に書物として残っているのは『古事記』(712)、次に『日本書紀』(720)。その二つの歴史書は、「天地開闢(てんちかいびゃく)」の神話から始められる。

『古事記』は、まず三柱の神の名前を挙げる。

天地開闢の時、高天原に、神が現れました。名を、天のみなか主の神、次に、高きみむすびの神、次に、かむみむすびの神と申され、これら三柱の神はそろって独り神であらせられます。そしてそのまま姿を隠されました。 

『日本書紀』では、中国の史書に基づき、世界の起源に関する一般的な説が述べられる。

昔、まだ天と地が分かれておらず 、陰と陽が分かれておらず 、混沌としていて鶏の卵のようでした。 そこにほんのちょっと兆しがありました。 その澄んで明るいものは 、薄く広がって天となりました。 重く濁ったものは地となりました。 天となるものは動きやすく、地となるものは固まりにくかったのです。 なので天が先に生まれ、 次に地が固まりました。 その後、その中に神が生まれました。 

その後で、日本の起源神話が告げられる。

その次に、国幼く、浮く脂のように、またくらげのように漂っていたとき、葦の芽のように萌え上がってできた物により神が現れ、 名を宇摩志阿斯訶備比古遲神(うまし/あしかび/ひこじ/神)、次に、天の常立の神と申され、これら二柱の神もまた、そろって独り神にあらせられます。そしてそのまま姿を隠されました。(古事記)

世界が生まれたとき 、国は漂っていました。 それは魚が水に浮かんでいるようでした。 天地の中に一つの物が生まれました。 葦の芽に似ていました。 国常立尊(くにの/とこ/たちの/みこと)です。(日本書紀)

『日本書紀』では、世界の起源に関して、『古事記』の説も紹介している。

ある書によると、昔、国も地も出来上がっていないときは、例えるならば水に浮かぶ油のように漂っていました。 その時、その国の中から、葦の芽が生えるように、一つの物が生まれました。そうして生まれた神を可美葦牙彦舅尊(うまし/あしかび/ひこじ)と言いました。(日本書紀)

この記述から、8世紀の初頭に、日本の成り立ちがどのように説明されていたかを見て取ることが出来る。
1)混沌として漂うなにかがある。
2)そこに葦の芽(牙)が萌え出る。
3)その葦牙(あしかび)が、「うまし/あしかび/ひこじ/」(古事記)あるいは、「とこ/たちの/みこと」(日本書紀)と呼ばれる神。

こうした創世神話は、稲作という農耕文化に基づいている。

混沌として漂う状態は低地湿地地帯の水辺を思わせ、その土の中から稲の穂先が現れる。それは稲作の最初の段階であると同時に、混沌(カオス)がコスモス(秩序ある宇宙)へと構造化されるシンボルともいえる。

稲作が日本にもたらされた時期に関しては、一般的に弥生時代とされているが、縄文時代にはすでにもたらされていたという説もある。
いずれにしても、縄文的な野生の生命力が、弥生時代になり稲作という作業を通して人間によって制御されるという図式で考えることは、記紀の紀元神話の成り立ちを考察する上で、一つの視点を提示している。

時代が下り、3世紀から始まる大和王権は、「豊葦原の瑞穂の国」と自称し、稲作を国家運営の基礎とした。豊葦原の瑞穂の国とは、神意によって稲が豊かに実り、栄える国という意味である。

日本における自然観と美意識 もののあわれ」への3件のフィードバック

  1. Angelilie 2019年10月28日 / 1:15 AM

    J’aime beaucoup votre blog. Un plaisir de venir flâner sur vos pages. Une belle découverte et blog très intéressant. Je reviendrai m’y poser. N’hésitez pas à visiter mon univers. Au plaisir.

    いいね

    • hiibou 2019年10月28日 / 6:53 AM

      Merci beaucoup de votre message.
      De ma part, je visiterai votre site très beau et séduisant avec grand plaisir.

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中