ハイドンのピアノ・ソナタ Haydn Piano Sonata played by Alfred Brendel

モーツアルトやベートーヴェンと比べると、ハイドンは少し評価が低い。
しかし、実際に聞いてみると、実に気持ちがいい。
葛藤や屈折がなく、素直で、清々しい感じがする。

例えば、アフルレッド・ブレンデルが演奏するピアノ・ソナタ集の一曲「ファンタジア」。

リリカルな曲もカラッとしているのは、ハイドンのせいなのか、ブレンデルの表現法のせいなのか。いつ聞いても、心を軽くしてくれる。

youtubeには、ブレンデルが演奏する姿もアップされている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中