日本の美 平安時代 その1 

現代の日本人が美しいと感じる美意識の原型は、平安時代に成立したのではないかと考えられる。

日本は、古墳時代からすでに中国大陸の影響下にあったが、6世紀(538年頃)に仏教が伝来して以来、圧倒的な大陸文化の影響下に入った。
奈良時代、法隆寺、薬師寺などの仏教建築、『古事記』『日本書紀』『万葉集』等の文字による文化的表現も、確かにある程度日本的な受容の形を示している。しかし、次の時代の美意識とは断絶があると考えられている。

平安時代、とりわけ9世紀末(894年)に遣唐使が廃止されて以降、大陸との交流が限定的となり、大陸文化の和様式化が大きく進展した。
そうした中で、現在の私たちがごく自然に感じる四季の移り変わりに対する繊細な感受性、もののあわれに美を感じる心持ち、穏やかで調和の取れた美の嗜好等が生み出されていった。
京都の貴族たちが、寝殿造りの建物の中で、『古今和歌集』『枕草子』『源氏物語』を楽しんだ時代。平等院鳳凰堂は地上に出現した浄土(極楽)ともみなされる。

こうした状況は、12世紀の終わりに源頼朝が鎌倉幕府を開いた時代に、次の段階を迎える。
平安時代の末期に始まった宋との貿易の再開、禅宗の定着等により、新しい時代の美意識が誕生し始める。象徴的に言えば、寝殿の自然を模した庭園が枯山水へと変化する。

平安時代の美は、京都の貴族の宮廷社会という、非常に限定された環境の中で成立した。従って、一般庶民の生活とは無関係な美意識であることは否定できない。
しかし、その意識がいつしか日本人全体の心の奥底に入り込み、21世紀の今でも、私たちが美しいと感じるものは、平安時代の京都の貴族とそれほど変わらない。
芸術とは一部の特権階級の中で生まれるものだとしても、いつしか社会全体に波及していく。そのことは意識しておきたい。

平安的な美の大きな特色は、こう言ってよければ、総合芸術の中から生まれたということである。

住まいは寝殿造り。
部屋と部屋の間に壁がなく、仕切りは屏風や襖で行われる。
そこに、やまと絵が描かれ、和歌が文字としてと同時に絵画的な美の要素として書かれることもあった。
そうした景物と対応する庭園も、家の建物の前に作られる。

貴族たちはこうした美的空間の中で生活を営み、実際には見たことがない遠くの名所を和歌にして歌い、そこで歌われた景物をやまと絵にするなど、「善を尽くし美を尽くし」た生活を送る。

建築、庭園、絵画、室内装飾、和歌、物語等、それぞれの分野について少し踏み込んで見ていく前に、全体像を見ておこう。

仏教において、人々が願うのは、本来であれば、死後の極楽浄土に行くこと。ところが、耽美主義的な平安時代には、浄土を現世(この世)に作り出してしまう。
平等院鳳凰堂は、そうした理想を形にしたものと考えてもいいだろう。

鳳凰堂の庭園は、たっぷりと水をたたえている。(後の時代の枯山水と対比。)

浄瑠璃寺の庭園。
この庭園を見れば、大陸伝来の唐絵で描かれる峻厳な風景ではなく、穏やかな風景を描くやまと絵がこの時代に成立したことに納得がいくだろう。

残念ながら、やまと絵は、屏風や襖に描かれることが多かったため、現存しているものがほとんどない。
現在の見ることができる数少ない例の中で、最も初期のものは、平等院鳳凰堂の壁に書かれた来迎図の一部。

少し時代は下るが、東寺の「山水屏風」。

「源氏物語絵巻」の中には、室内の様子、やまと絵の描かれた屏風、あるいは風景そのものが描かれている。

文藝と映像を調和させ、美しい装飾を施した料紙の上に絵書いた「西本願寺本三十六人家集」。

文藝の分野で、平安の美を決定付けたのは、10世紀初頭(905年)に編まれた『古今和歌集』。
その序文としてつけられた紀貫之の「仮名序」は、この時代の精神の見事に表現している。

やまとうたは、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける 世の中にある人、ことわざ繁きものなれば、心に思ふ事を、見るもの聞くものにつけて、言ひ出せるなり 花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける 力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女のなかをもやはらげ、猛き武士の心をも慰むるは、歌なり。(・・・)

10世紀の半ばには、日本最初の物語と言われる『竹取物語』が作られ、11世紀に入ると『源氏物語』が続く。

女性によるかな文字による文芸の発展は、清少納言の『枕草子』等によっても証明される。

春はあけぼの。
やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。
夏は夜。
月のころはさらなり。やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。
秋は夕暮れ。
夕日のさして山の端いと近うなりたるに、からすの寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入りはてて、風の音、虫のねなど、はたいふべきにあらず。
冬はつとめて。
雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もてわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。

春から始まり冬まで続く季節感は、当時の美意識を代表しているといってもいいだろう。

平安時代の貴族たちは、大陸から渡来した文化を吸収し受容した上で、和様式化を押し進め、日本の美意識の基礎となる美の規範を作り上げることに成功した。
その精神性がどのようなもので、どんな特色があるのか、しばらくの間考えてみたい。(続く)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中