おもひでぽろぽろ Souvenirs goutte à goutte 思い出と向き合う

高畑勲が監督した「おもひでぽろぽろ」は、アニメ作品にありがちなファンタジー的な要素がなく、特別な主人公の特別な冒険物語とは正反対の作品。

主人公タエ子は27歳。独身で、東京の会社に勤めている。
物語は、田舎に憧れている彼女が10日間の休暇を取り、農業体験をするために山形の親戚の家に行くところから始まる。
田舎に行くと決めた時から、突然、小学校5年生の思い出がポロポロとこぼれ落ちるように蘇り、彼女の心を一杯にする。

山形では、親戚の家族に混ざって紅花を摘む作業を手伝ったり、有機農業に取り組むトシオに有機農業の手ほどきを受けたり、蔵王にドライブにいったりする。東京に戻る前の日、親戚のおばあさんからトシオの嫁になってくれと突然言われ困惑する。しかし、結局、そのまま東京に戻る電車に乗る。

しかし、電車の中で突然考えを変え、次の駅で電車を降る。そして、トシオが迎えに来た車に乗り、親戚の家に戻る道を辿る。

特別なことが何もなく、ただ一人の女性が田舎で農業体験をし、一人の男性と仲よくなるという物語。

エンディング

物語から最初に思う可能性のあるのは、27才の独身女性に対する結婚へのプレッシャー。東京での平凡な日常に少しうんざりしているOLが、田舎で人の良さそうな男の人と出会い、結婚する。
こうした見方をすると、小津安二郎監督の映画のように、とにかく独身の娘を結婚させるという親や社会の圧力を自分の中に内在化させた女性の物語になる。

結婚に関しては、農家の嫁不足という現象に言及し、実は、山形の親戚たちがタエ子の田舎好きを利用して、初めからトシオの嫁にと考えて、彼女を呼び寄せた等と考えることさえ可能になる。

別の見方は、都会と田舎の関係。
タエ子は出発前に、「田舎に憧れている」と言う。そして、山形でも、本当の田舎はいいとか、みんな親切とかいい続け、都会人が頭で考える田舎のイメージを持ち続けているように見られる。それは、都会人の優越感の裏返しと受け取られる可能性がある。
「おもひでぽろぽろ」の映画の制作プロデューサーをした宮崎駿監督は、その視点に立ち、この結末では、「百姓の嫁になれ。」というメッセージになってしまう、と言う。そして、こう続ける。「もう等身大のキャラクターで作るっていうことに対して、色々な功罪も含めて、極まったって感じがしましたね。」

実は、高畑監督は、タエ子は電車で東京に戻り、山形に後戻りしないエンディングを考えたいたという。
それでは物足りないと考えたプロデューサーの鈴木敏夫が、宮崎駿に、「タエ子は山形に戻るでしょうか?」と尋ねると、宮崎の返事は、「絶対に帰ってこない。」
その言葉を高畑に伝えると、高畑はラストシーンについて考え直し、最終的には、電車の中に子ども達が姿を現し、彼女を田舎に連れて行くというものにしたという。

ただし、この結末ではどうしても、タエ子がトシオとの結婚し、山形の田舎に住む決心をしたものと受け取られる。そして、「おもひでぽろぽろ」を、結婚や田舎願望という紋切り型の物語の中に押し込めてしまう危険が出てくる。
映画の公開後にそうした反応に多く接した高畑勲監督は、あるインタヴューの中で、それは違うと答えている。「タエ子は、あと一日か二日、男性としてのトシオと付き合いたい。」だから、電車を降り、親戚の家に戻ることにしたのだと。

しかし、それは監督の言い訳のように聞こえる。
タエ子は空想の中で、干し草の上でトシオと寝転ぶ姿を想像している。
最後にトシオと合流した時には、思い出の中の子どもたちが相合い傘を掲げている。
こうした映像は、明らかに、二人の結婚、そして田舎暮らしを、観客に印象付ける。

このエンディングに対して、好意的な意見もある。スペインの映画監督イグナシオ・フェレーラスは、映画の最後にエンド・クレジットが流れ、主題歌「花は愛、君はその種子」が聞こる中で展開するラストシーンを絶賛する。

その理由は、タエ子の過去と現在が、「非常に効果的かつ大変シンプルな形で一つに結実している点」にある。
もし東京にそのまま戻ってしまえば、「これ以上を人生に求めてはいけない」という一種の絶望感を抱いたままで終わってしまう。普通、観客は、映画のエンド・クレジットを見て、もう映画は終わったものと思う。その時、10才のタエ子が電車の中にポッと現れ、映画のルーティーンが崩される。観客は、映画が終わらないどころか、舞台裏を垣間見ているような気持ちになり、物語の続きをエンド・クレジットが続く限り見ていられると思う。

スペインの映画監督は、この終わり方に、高畑監督あるいは鈴木プロデューサーの意図したラストシーンの意味を読み取ったのだろう。
それは、小学校5年生のタエ子が27才のタエ子を解放してあげる、というもの。

高畑監督も、別のところで、この場面の中心になるのが、「花は愛、君はその種子」の歌詞の2番であることを明かしている。
主題歌は、1979年に公開された映画”The Rose”のテーマソング。歌うのは、ベット・ミドラー。
高畑監督自身が歌詞を日本語に訳している。

2番の歌詞。

It’s the heart, afraid of breaking
That never learns to dance
It’s the dream, afraid of waking
That never takes the chance
It’s the one who won’t be taken
Who cannot seem to give
And the soul, afraid of dying
That never learns to live

高畑監督の訳詞。

挫けるのを 恐れて
踊らない きみのこころ
醒めるのを 恐れて
チャンスを逃す きみの夢
奪われるのが 厭さに
与えない こころ
死ぬのを 恐れて
生きることが 出来ない
https://www.uta-net.com/movie/75055/

高畑監督が描こうとしたのは、小学生5年生の時も、27才になってからも、心のどこかに躊躇いを持ち、思い切って一歩を踏み出すことができずにいる人間の姿だということを、この歌詞から察することができる。
エンディングは、躊躇いを振り切り、一歩だけかもしれないが、とにかく前に歩み出したタエ子の姿を描いている。(次ページに続く)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中