パリ時代のゴッホ Gogh à Paris 印象派と浮世絵

ゴッホは、1886年2月末にパリに突然姿を現し、1888年2月になると、南フランスのアルルへと去っていく。この約2年間のパリ滞在中、彼は何を習得したのだろうか。

アルルに到着後、彼はパリにいる弟のテオへの手紙で、こんな風にパリ滞在を振り返る。

パリで学んだことを忘れつつある。印象派を知る前に、田舎で考えていた色々な考えが、また返ってきた。だから、ぼくの描き方を見て、印象派の画家たちが非難するかもしれないけれど、ぼくは驚かない。

ゴッホの意識では、アルルでの仕事はオランダ時代に続くものであり、パリでの2年間は空白の時だったらしい。

しかし、ゴッホの絵は明らかに大きな変化を見せている。彼の絵画は、印象派の影響を受け、オランダ時代の暗いものから、色彩のオーケストレーションといえるほど、明るさを増している。

ここでは、パリ滞在の2年に限定し、ゴッホの絵画を辿ってみよう。

光と色の理論

ゴッホがパリに暮らし始めた1886年には、第8回印象派展が開催され、1860年代から始まった新しい絵画の流れが、やっと認められようとする時期だった。

印象派絵画の中心的な問題は、色彩にあった。
従って、新しい絵画の流れを理解するためには、色彩に関する基本的な知識が必要になる。
(1)物に固有の色はない。— 色とは、光と物と眼の連関によって生じる、物理学的、工学的、心理的現象。
(2)光のスペクトル。
(3)色の三原色。
(4)補色と色彩の同時対比の法則。
以上の4つの点から、光と色の関係について理解しておこう。

(1)物の色

一般的には、現在でも、物には固有の色があると思われている。赤いリンゴは赤く、緑の木の葉は緑。

しかし、実際には、物に固有の色はない。
赤く見えるリンゴに緑の光線を当てれば、赤い色は変化する。同じ木の葉の緑でも、光の当たっている部分と闇の部分では、緑は違って見える。

色は、実際には、「光」と「物」と「眼」という3つが連関して生み出される現象。
太陽光線が物にぶつかると、その物の特性に従い、ある波長は吸収され、別のある波長は反射される。
その反射された光が、今度は、眼にぶつかる。そして、その刺激が脳に伝えられ、脳が色を感知する。
このシステムで生成する現象が、色として認知される。

では、色の違いはどこから生まれるのか?
それを知るためには、光のスペクトルを知る必要がる。

(2)光のスペクトル

太陽の光をプリズムに通すと、虹のような色の帯ができる。その帯をスペクトルと呼び、光をスペクトル(波長成分)に分けることを「分光」と言う。

スペクトルは、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の順に並んでいる。
その違いは、波長の長さによる。
最も波長が長い部分は赤く見え、短い部分は紫に見える。中間は青。

物の色の違いは、スペクトルと関係する。
ある物は、短い波長(S(hort)波長)と中間的な波長(M(iddle)波長)を多く吸収し、長い波長(L(ong)波長)は吸収せずに、反射する。その反射光が人間の眼に届くと、長い波長であるために、赤く見える。

同様に、短いS波長と長いL波長を吸収し、中間のM波長を反射する場合には、中間の長さの反射光が眼に多く届くため、物は青く見える。

様々な色の変化は、光のスペクトルの組み合わせによる。その組み合わせは、光の三原色の規則に従っている。

(3)光の三原色

光の三原色は、赤、緑、青。
それらを混ぜ合わせることで、ほとんど全ての色を作ることができる。
赤と緑の光が混ざると黄色。緑と青が混ざると空色。青と赤が混ざると赤紫。赤緑青すべてが混ざると白。

人間の眼に光が届くと、網膜の視細胞の中で、色と明暗を見分ける。
色や形を見分けるのが、「錘状体(すいじょうたい)視細胞」。
明暗を見分けるのが、「杆状体(かんじょうたい)視細胞」。

人間は、こうようなシステムの中で、色と明度・彩度を感知している。

(4)補色と色彩の同時対比の法則。

一つの色は、もう一つの色と隣接すると、人間の視覚には、最初の色とは違って見える。
その見え方の基礎となるのが、補色と色彩の対比の法則。

A. 補色
補色とは、色相環で正反対に位置する関係の色の組合せのことをいう。
例えば、赤の補色は緑。

色の性質は、色相(色合いの違い)、明度(明るさの度合い)、彩度(鮮やかさの度合い)の三属性によって表す。

補色の関係にある二つの色を並べて置くと、より彩度が高くなったように感じ、色の鮮やかさが強調される。
例えば、緑の紙の上に赤い肉を置くと、補色対比によって肉の赤みが強調され、肉の鮮度が高く感じられる。

明度に関しては、近い明度の2つの色、例えば、黄色と青紫は明度の差が最も大きい組合せで、明瞭性も高くなる。他方、青緑と赤を隣り合わせにすると、明度が高くなり、ギラギラと眩しく感じられ、見えにくさが生じる。

B. 色彩の対比の法則
色彩の対比の法則は、19世紀のフランスの化学者ミシェル・ウジジェーヌ・シュヴルールが研究し、『色彩の同時対比の法則とこの法則に基づく配色について』という本の中で発表した法則。

シュヴルールは、パリにあるゴブラン織り工場の所長を勤めている時、青やモーヴ、灰色、茶色、黒等の糸を使ったタピストリーの仕上がりが悪いという苦情を受けた。その原因を調べると、糸の塗料や織りの技術ではなく、色の組み合わせに問題があることがわかった。
その結果、「隣接した色は互いに影響し変化して見える」という「同時対比の法則」を発見したのだった。

シュブルールの対比の法則は、大きく分けて、二つに分類される。
類似の調和
色相やトーン(明度と彩度)が似ているもの同士は調和するという法則。
対比の調和
色相やトーンが反対なもの同士は調和するという法則。

二つの隣接する色によって、それぞれの色が本来の色とは違って見える現象を、錯覚とか錯視と呼ぶこともある。
人間の視覚にとってそれはごく自然な現象であり、絵画で絵具を配置する時には、最重要課題の一つとなる。(次ページに続く)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中