ソリチュード (In my) Solitude

「ソリチュード(Solitude)」は、1934年に、デューク・エリントン(”Duke” Ellington)が作曲した曲。歌詞は、エディ・デランジ(Eddie DeLange)。

一人でいるとあなたとの思い出が蘇ってくるというメランコリックな歌詞。
まずは、ビリー・ホリディの歌で聴いてみよう。

Solitude

In my solitude you haunt me
With reveries of days gone by
In my solitude you taunt me
With memories that never die

I sit in my chair
Filled with despair
Nobody could be so sad
With gloom ev’rywhere
I sit and I stare
I know that I’ll soon go mad

In my solitude
I’m praying
Dear Lord above
Send back my love
https://genius.com/Billie-holiday-solitude-lyrics

エリントン自身が演奏した録音が数多くあるが、作曲した1934年の演奏を聴いてみよう。

エリントンは、ルイ・アームストロングやエラ・フィッツジェラルドとも競演している。

エラのこの録音は、曲のよさを最大限に引き出していて、何度聞いても飽きない。

エラには、ギタリストのジョー・パスとのデュオもあり、こちらも素晴らしい。
2つの歌を聞いてみるとかなり違っていて、ジャズがその場その場の即興を基本にしていることがよくわかって楽しい。

ジョー・パスには、歌なしで、楽器だけの演奏もある。ベースは、レイ・ブラウン、ドラムスはボビー・ドーハム。

テナー・サックスのベン・ウェブスターの演奏は、テナーの魅力に溢れている。

歌ものに戻り、現役の歌手キャンディス・スプリングスのSolitude。ベースとのデュオで、ピアノを弾く映像が格好いい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中