アレクサンドル・タローのピアノ ショパンとバルバラ  Chapin et Barbara sur le piano d’Alexandre Tharaud 

アレクサンドル・タロー(Alexandre Tharaud)のピアノはリリカルで優しい。
彼は、ミヒャエル・ハネケ監督の「愛、アムール(Amour)」の中で若いピアニストを演じていたが、彼のピアノの音色は映画の中のイメージを決して裏切らない。

2013年にショパンの曲を集めた「ショパン、日記(Chopin, Journal intime)」。題名も彼らしい。

Fantaisie-impromptu in C-Sharp Minor, Op. Posth. 66

Nocturne No. 2 in E-Flat Major, Op. 9 No. 2

Nocturne No. 20 in C-Sharp Minor, Op. Posth.

Ballade No. 1 in G Minor, Op. 23

バルバラの曲をピアノで演奏したCDもある。

J’ai tué l’amour

Pierre

彼の姿は出て来ないが、「愛、アムール」の予告編。
年老いた音楽家夫婦の、胸を締め付けられるような生活が描かれている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中