盲人の視力を回復する

視力のない人間が視力を回復することは不可能だと考えられてきた。しかし、新しい治療法によって、物の形や色を識別できるようになるかもしれない。
パリのある病院で行われているその治療の様子が、TF1, 20h (2021年6月12日)で紹介されている。

大変に興味深いことに、1749年、プロイセンの医師が生まれつきの白内障の少女に手術をし、視力を回復させるという出来事があった。それをきっかけにして、『百科全書』を編集したドゥニ・ディドロが、『目の見える人々に役立つ盲人に関する書簡』と題する哲学の本を書いている。
https://bohemegalante.com/2020/09/25/diderot-lettres-sur-les-aveugles-materialisme/

Première mondiale : il recouvre la vue

Cet homme voit partiellement alors qu’il était pourtant aveugle depuis dix ans. Nous sommes à l’hôpital des 15-20 à Paris. Devant la caméra des équipes scientifiques, il s’entraîne à repérer des objets et les attraper. Il est le premier au monde à expérimenter cette thérapie. Il ne voit pas les couleurs mais distingue les contrastes. Ces deux médecins suivent le progrès de leurs patients, atteints d’une maladie dégénérative de la rétine, comme 15 000 Français. Pour restaurer les cellules naturellement sensibles à la lumière, la chirurgie n’est pas obligatoire. Mais, il faut une injection dans l’œil d’un virus contenant d’un gène. Une fois dans la rétine, il fabrique de nouvelles cellules sensibles à la lumière, précisément à la lumière orangée. La suite dans le reportage ci-dessus.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中