ミシェル・ウエルベックの現代フランス観

ミシェル・ウエルベックの小説は日本でもかなり翻訳されていて、それなりの数の読者もいる。他方、彼の政治的な発言が話題になることはあまりないようだ。

ウエルベックと類似した思想を持つ言論人の一部は、マスコミで盛んに、フランスの衰退、市民戦争、フランス人に代わりイスラム教徒(彼らもフランス人なのだが・・・)が国の多数を占めるなどといったことを話題にしている。ウエルベックは、もう少しニュアンスに富んだレトリックで、同じ問題をイギリスのインタヴューに応えたというニュース。

Michel Houellebecq, à contre-courant

Alors que Valeurs actuelles, Éric Zemmour, Philippe de Villiers et certains généraux passent le plus clair de leur temps à alerter sur le « déclin » de la France, les dangers du « grand remplacement » et l’arrivée imminente d’une « guerre civile », Michel Houellebecq, lui, est moins pessimiste. Sur le site britannique « UnHerd », l’écrivain le plus commenté au monde s’amuse de ceux qui « s’auto flagellent » en France. 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中