ジェラール・ド・ネルヴァル 「 オーレリア」 人間の魂の詩的表現 Gérard de Nerval Aurélia 1−2

第2章

しばらく後になり、私は彼女と別の町で出会った。そこには、長い間希望もなく愛し続けてきた、あの女性もいた。ある偶然から二人は知り合いになり、彼女は、おそらく何かの機会に、私を心の中から追放してしまった女性の心を、私に好意的になるように動かしてくれた。その結果、ある日、その女性の参加している場に私が居合わせた時、彼女がこちらにやって来て、手を差し出してくれるのを見た。その振る舞いと、会釈してくれた時の深く悲しげな眼差しを、どのように解釈すればいいのだろう? 私はそこに過去の許しを見たように思った。慈悲の籠もった神聖な話し方は、彼女が私に向けた何気ない言葉に、言いようのない価値を与えていた。ちょうど、それまでは世俗的だった愛の穏やかさに宗教的な何かが溶け込み、そこに永遠の性質を刻み込むように。

注:
一人の女性を世俗的で現実的、もう一人を近寄りがたい神聖な存在とすることは、現実とイデアに基づくプラトン的二元論の世界像を作り出すことにつながる。
ネルヴァルがそうした設定をしたのは、17−18世紀以降、合理主義・科学主義が支配的となった時代において、検証可能な現実世界を超える世界(イデア、永遠)を信じることが許されなくなっていたからに違いない。
そのことは、第1章の次の一節からも推測することができる。
「なんという狂気だろう。私を愛してくれない女性を、プラトニックな愛で、これほど愛するなんて。これは読書のせいだ。詩人たちが発明したことを真面目に受け取ってしまったのだ。今の時代のどこにでもいる女性を、ラウラやベアトリーチェにしてしまったのだ・・・。」
ラウラは、ルネサンス期のイタリアの詩人ペトラルカが愛を捧げた女性。ベアトリーチェは、ダンテが『新生』の中で愛を語った女性。彼らはごく普通の女性をミューズとして異次元の存在に変えた。
19世紀のネルヴァルが異次元とするのは、もはや天上のイデア界ではなく、人間の内面世界。そのことは、『オーレリア』の冒頭で、「私の精神の神秘の中で起こったこと」を綴る、としていることからも理解できる。
ネルヴァルが「狂気」の体験を描くことの意義が、こうした考察から理解できるだろう。

どうしてもしないといけない仕事があり、私はパリに戻らなければならなかった。しかし、すぐに、パリには数日しか留まらず、二人の女性のもとに戻ってくると決心した。その時、嬉しいと同時に早く戻りたいと焦るあまり、眩暈のようなものを感じるようになっていたのだが、用事を終わらなければならないことも心配で、さらにクラクラするようになっていた。ある夜の12時頃、自宅のある郊外の町を上っていた。その時、偶然目を上げると、街灯に照らされた一つの家の番地に気がついた。その数字は私の年齢の数字だった。目を下げ、前を見ると、一人の女が見えた。色白で、目は窪み、オーレリアの顔立ちをしているようだった。私に告げられているのは、「彼女の死」か、私の死だと思った! しかし、なぜかわからないのだが、私が死ぬという推測の方に留まり、翌日の同じ時間に起こるに違いないと考え、ひどく怖くなった。

その夜、夢を見たのだが、その夢が私の考えをさらに確かなものにした。—— 私は幾つもの部屋のある巨大な建物の中を彷徨っていた。部屋のいくつかは研究のためで、談話室や哲学的な議論をするための部屋もあった。手前の方の一つの部屋に興味を引かれて立ち止まると、そこには昔教えてもらった先生や仲間がいるように思えた。ギリシアやローマの作家についての講義が続いていて、単調なブンブンいう音は記憶の女神ムネモジーネへの祈りのよう。—— 別の部屋を通り過ぎると、哲学の講演が行われていた。しばらく参加した後、私はそこを出て自分の部屋を探した。自分の部屋があるのはホテルのようなところで、そこには巨大な階段があり、忙しそうな旅行者で一杯だった。

長い廊下で何度も迷子になった。中央にある回廊を横切ると、とても奇妙な光景に驚かされた。桁外れに巨大な生物 —— 男なのか女なのかわからない —— が、上空で苦しそうに飛び回り、厚い雲の間で必至にもがいていた。最後には、息ができなくなり、力尽き、暗い中庭の真ん中に墜落した。羽根は屋根と手すりにひっかかり、しわくちゃだった。私はそれを一瞬じっと見ることができたが、真っ赤な色に染まり、羽根は次々に変化する数多くの反射で輝いていた。古代風の襞の付いた長い服を着たその姿は、アルブレヒト・デューラーが描いたメランコリアの天使のようだった。 —— 私は恐怖のために叫び声を上げてしまい、その声で飛び起きた。

次の日、友人みんなに急いで会うことにした。そして、心の中で別れを告げた。ずっと頭を占めていることに関しては何も言わず、神秘的な主題について熱心に論じた。彼らを驚かせたのは、私の雄弁だった。私は全てを知り、最期を迎えた私に世界の神秘が明かされているように思われた。

その夜、運命の時が近づいてくるように思われたとき、私はある集まりのテーブルに座り、二人の友人と話をしていた。テーマは絵画と音楽で、私の視点から、色彩の生成と数の意味について定義したりした。友人の一人はポール***といい、私を家に連れ戻そうとした。しかし、私は家には帰らないと言った。「どこに行くつもりなんだ?」と彼。私は「東方に向かって!」と答えた。そして、彼が一緒にいる間でも、空に浮かぶ一つの「星」を探し始めた。その星は私の運命になんらかの影響を持っているので、すぐにそれとわかるように思えた。星を見つけると、そちらの方向に向かって道を進んだ。言うならば、運命に向かって歩き、死が私を捉えるその瞬間まで星を見ていたいと望んでいたのだ。3つの道が交わるところまで来ると、それ以上遠くに行こうとは思わなくなった。友人が超人的な力をふるい、私の場所を変えさせようとしているように思われた。彼は私の目には巨大化し、一人の使徒の顔立ちになった。私たちのいる場所が上昇し、郊外の街並みがそこに与えている形を失っていくように思われた。 —— ひどく荒涼とした丘の上で、その場面は二人の「精霊」の戦いや聖書に書かれた誘惑の場面ようだった。 —— 「違う!」と私は言った。「ぼくは君の空には属していない。あの星にはぼくを待つ人たちがいる。彼らは君の告げた啓示より以前の人々だ。彼らのところに行かせてくれ。ぼくの愛する女性は彼らの一人だし、あそこでぼくたちは再会することになっているんだ!」

注:
第2章では、非現実的な出来事が描かれ始め、偶然目に入った番地から死を連想するところから始まり、夢の記述へと続き、次ぎに狂気による妄想が語られる。そうした組み立ては論理的であり、それらがなんらかの目的を持ち、意識的に構成されたものであることを示している。
夢の内容に関しては、記憶の女神ムネモジーネや、ドイツの画家アルブレヒト・デューラーの有名な版画「メランコリア I」など、文化的な知識を担った連想が行われる。
星を求めて夜の町を彷徨う場面になると、現実にはポール・シュナバルだと考えられる友人の名前が、ポールというファーストネームだけになることで、キリスト教の使徒パウルを連想させ、その後に出てくる精霊の戦いの場面や、聖書に書かれた誘惑の場面(ヤコブと天使の戦い)へとつながる。
そうした記述は、ここで描かれている妄想や夢や幻影が決して現実の体験そのものではなく、西洋の文化的な伝統に基づいて構成された知的映像だということを示している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中